»

TOP STORIES

icon
連載今日から始めるデジカメ写真術:

「雪の降りたるはいふべきにもあらず」なんて枕草子でも書かれていますが、冬の雪景色は魅力的な被写体の1つ。今回は雪が降っている雰囲気を写し撮る方法や、マクロで撮る面白さを解説しよう。(デジカメプラス 2015/1/23)

icon
ニュース交換レンズ百景:

オリンパスが、ボディーキャップ代わりに付けておくレンズとして展開しているボディーキャップレンズに、焦点距離9ミリの魚眼レンズが登場。ちょっとした街歩きに便利だし、アートフィルターとの相性もいい。(デジカメプラス 2015/1/22)

icon
ニュース

パナソニックが、Android OSを採用したデジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」を国内でも発売する。SIMロックフリーで、どのキャリアのSIMでも利用可能だという。(デジカメプラス 2015/1/20)

icon
ニュース

ニコンがファミリー層をターゲットにしたコンパクトサイズのデジタル一眼レフカメラ「D5500」を発表した。Wi-Fiやタッチパネル搭載のバリアングル液晶モニターを備えたモデルとしては世界最小・最軽量を実現している。(デジカメプラス 2015/1/14)

FEATURES

FUJIFILM X LOVERS
FUJIFILM Xを愛するすべての人へ

その存在感に思わずニヤリとしてしまう、そんなカメラが「FUJIFILM X」シリーズ。詳細レビューやインタビューでディープに迫る!

交換レンズ百景
実際のフィールドで撮影:

スタジオではなく、公園や街中など実際のフィールドで“あの”交換レンズを使うどうか?実写レビューで紹介します。

写真がもっと楽しめる、チルト対応のフルサイズ一眼レフ――ニコン「D750」
高い完成度:

51点AFや秒間6.5コマの連写など、フラッグシップ「D810」に迫る高機能を備えつつ、可動式モニターを採用することで撮影領域をさらに広げたモデルだ。

「EOS 7D Mark II」の抜群のAF性能と連写速度を堪能する
動きものを撮るなら:

初代EOS 7Dから5年の時を経て、基本性能が大幅に強化されたキヤノンのAPS-Cフラッグシップモデル「EOS 7D Mark II」。その驚くべき性能の一端を紹介する。

紅葉を撮る
今日から始めるデジカメ撮影術

秋の被写体といえば紅葉。今年は例年より色づきが早いようで、すでに東京近郊でも木々が赤や黄色に染まってきている。今回はそんな紅葉をきれいに撮るためのポイントを。

「RX100」「RX100M2」「RX100M3」は何が違う? どれが買い? 徹底検証

ソニーのコンデジ「RX100」「RX100M2」「RX100M3」は、後継モデルというわけではなく、併売されている製品。ではそれぞれは何が違い、どんな特徴があるのか。“買い”のモデルはどれなのか。撮り比べて確認した。

注目記事ピックアップ

news030.jpg
レビュー交換レンズ百景:

AF付きm4/3用レンズとしては最も明るい開放F値 F1.2を達成し、なおかつ手ブレ補正付きの注目製品。開放から使っていけるシャープさとクセのないボケ味は、さまざまなシーンを上質に描き出す。(2014/4/25)

news057.jpg
レビュー

有効約2000万画素の1型センサーという、コンデジで最高クラスの撮像素子と、F2.8〜F4の明るい高倍率ズームの組み合わせは、どんな絵が撮れるのか。じっくり検証していこう。(2014/8/12)

2015年1月26日の記事

icon
ニュースデジタルカメラ総合販売ランキング(1月12日〜1月18日):
icon
トップ10中古デジタルカメラ販売ランキング(1月15日〜1月21日):
icon
トップ10中古カメラレンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(1月15日〜1月21日):

2015年1月23日の記事

news130.jpg
連載今日から始めるデジカメ写真術:

FEATURES

FEATURES

レビュー実用性重視
プロが勧める、10万円クラスレンズ

「欲しいし買えないこともないけれど、気軽に買える値段でもない」10万円前後で、なおかつ、実用性の高いレンズをプロカメラマンがピックアップ