ニュース
» 2009年03月25日 18時11分 UPDATE

パナソニック、フルHD動画が撮影可能なマイクロフォーサーズ「DMC-GH1」

パナソニックがマイクロフォーサーズに準拠したデジ一眼「DMC-GH1」を発表。撮影中のオートフォーカスを実現したフルHD/AVCHD動画撮影機能を搭載したほか、基本性能も向上した。

[ITmedia]

 パナソニックは3月25日、デジタル一眼カメラ“LUMIX”「DMC-GH1」を4月24日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は15万円前後。

 昨年販売開始された“LUMIX”「DMC-G1」と同じく、マイクロフォーサーズに準拠したデジタル一眼カメラ。「おまかせiA」を中心とした利便性の高い撮影機能や小型軽量ボディ、可動式モニターなどの特徴はそのままに、「一眼カメラとしては世界で初めて」(同社)というAVCHDでのフルハイビジョン撮影を可能とした。

photo 「DMC-GH1」 カラーはコンフォートブラック/コンフォートレッド/コンフォートゴールドの3色
photophotophoto

 AVCHDでのハイビジョン撮影モードしては1920×1080/60i、1208×720/60pの2つ用意するほか、記録方式はMotionJPEGとなるものの、1280×729、848×480、640×480、320×240(いずれも30コマ/秒)の撮影モードも用意されている。付属レンズ「LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH/MEGA O.I.S」使用時には、動画撮影中にも常時AFが利用できる。AFはコントラストAF方式が採用されており、絞りには「マイクロステップ虹彩絞り駆動システム」の採用でボケ味も表現する。

 背面には動画ボタンが設けられており、プッシュするだけで動画撮影が開始できる。モードダイヤルを「おまかせiA」に切り替えれば、カメラが自動的にシーンを判別し、最適な設定で動画を撮影できる。動画撮影時の自動シーン認識は「顔」「風景」「マクロ」「ローライト」「通常」が用意されており、室内撮影など光量が不足する場合には自動的に暗部補正も行われる。絞り優先/AE/シャッター優先/マニュアル露出による動画撮影も行える。

 1920×1080撮影時は最終的な出力こそ60iだが、処理上の負荷問題から24コマ/秒でセンサーから出力された信号を3:2プルダウンに類似した処理で60iとし、最終出力にしている。なお、1280×720撮影時のセンサー出力は60コマ/秒。AVCHD記録時のビットレートは17Mbps/13Mbps/9Mbpsから選択できる。

 撮像素子は新開発の4/3型 有効1210万画素マルチアスペクト対応Live MOSセンサー。Live MOSセンサーは広いダイナミックレンジと階調性、低消費電力とCCD/CMOSのメリットを併せ持つほか、ノイズ低減回路の導入などにより、画素欠陥や暗部撮影時のざらつきも抑制している。

 DMC-G1にもLive MOSセンサーは導入されていたが、新製品ではノイズ低減プロセスの改良で高感度撮影時のノイズをさらに低減したほか、3:2/4:3/16:9のマルチアスペクトに対応した。イメージサークルより撮像素子のサイズに余裕がある構造となっているため、いずれのアスペクト比を利用しても画角変化が起こらない。

 被写体にカメラ向けるだけでそのシーンが自動判別され、最適な設定で撮影が行える「おまかせiA」には、DMC-FX40と同等の個人認証機能が追加された。本機能を利用することで、複数人物が写っている場合でも優先的に登録した人に対してAE/AFが行われる。登録時に名称と年齢を登録することもでき、年齢が3歳以下の場合には認識すると自動的に「赤ちゃんモード」に切り替わり、再生時に月齢・年齢を表示させることができる。

photophotophoto モードダイヤル(写真=左)、動画ボタン(写真=中)、内蔵ステレオマイク(写真=右)

 サイズは124(幅)×89.6(高さ)×45.2(奥行き)ミリ、約385グラム(本体のみ)。DMC-G1よりも高さ方向がやや大きくなったが(G1は125×83.6×45.2/約385グラム)、「世界最小最軽量」をうたって登場したG1のインパクトも損なわれていない。新製品も動画撮影機能搭載レンズ交換式デジタルカメラのボディとしては、世界最小・最軽量となっている。

 3.0型/46万画素の可動式液晶、ファインダー部には144万画素相当のライブビューファインダー(LVF)、付着したホコリを超音波振動で払い落とす「スーパーソニックウェーブフィルター」などの特徴はDMC-G1と同様に備えている。動画撮影機能の搭載に伴いステレオマイクを内蔵したほか、ホットシューに装着するステレオマイク「DMW-MS1」も別売オプションとして用意される。

photophotophoto 3型48万画素のバリアングル液晶(写真=左)、参考展示された交換レンズ「45mm/F2.8 MACRO」「20mm/F1.7」(写真=中、右)
photophotophoto HDMI端子を備えておりテレビやレコーダーとの直接接続も行える。HDMI-CEC「ビエラリンク」にも対応する(写真=左)、プロモーションにはDMC-G1に引き続き女優の樋口可南子さんらの「女流一眼隊」が出演する(写真=中、右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.