ニュース
» 2009年04月14日 15時14分 UPDATE

ニコン、DXフォーマット専用超広角ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED」

ニコンが35ミリ換算で15〜36ミリという広角撮影が可能なDXフォーマット用交換レンズ「AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED」を発売。

[ITmedia]
photo 「AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED」

 ニコンは4月14日、ニコンDXフォーマット用交換レンズ「AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED」を5月1日より販売開始すると発表した。価格は11万7600円。

 ニコンFXフォーマット35ミリ換算で15〜369ミリという広角撮影が可能な、超広角の交換レンズ。EDレンズ2枚と非球面レンズ3枚を含む9群14枚構成で絞り羽根は7枚(円形絞り)。超音波モーター(SWM)の搭載による静かなオートフィーカスも特徴のひとつだ。サイズは82.5(最大径)×87(高さ ミリ バヨネットマウン基準面からレンズ先端まで)、460グラム。

関連キーワード

ニコン | NIKKORレンズ | 広角


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう