ニュース
» 2009年05月27日 16時50分 UPDATE

「EOS 5D MarkII」 動画撮影時にマニュアル露出が可能に

キヤノンがデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D MarkII」用の最新ファームウェアを6月上旬よりダウンロード提供開始。適用により、動画撮影時にマニュアル露出が可能になる。

[ITmedia]
photo 「EOS 5D MarkII」

 キヤノンは5月27日、同社デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D MarkII」用の最新ファームウェアを6月上旬よりダウンロード提供開始すると発表した。

 新ファームウェアの適用により、動画撮影時にマニュアル露出が可能になる。ISO感度/シャッタースピード/絞りの各値が任意に設定可能で、ISO感度の設定範囲はISO感度がAUTOもしくはISO100〜6400、H1(ISO感度拡張有効時のみ)。

 「EOS 5D MarkII」は、有効約2110万画素の35ミリフルサイズCMOSセンサーを搭載したハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ。動画については、フルHD(1920×1080ピクセル)またはスタンダード(640×480ピクセル)の撮影が可能で、映像はMPEG-4/H.264、音声はリニアPCMで保存される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう