ニュース
» 2009年07月22日 17時21分 UPDATE

「マジックフィルター」搭載のタフネスデジカメ 「μTOUGH-6010」

オリンパスがタフネスデジカメの新製品「μTOUGH-6010」を発売。シリーズ製品のタフさはそのまま、「ポップ」「フィッシュアイ」などの効果を手軽に得られる「マジックフィルター」を新搭載した。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは7月22日、コンパクトデジタルカメラ「μTOUGH-6010」を7月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万5000円前後。

 「μTOUGH-6000」の後継となる製品。タフネス性能はそのまま、撮像素子の高画素化(1000万画素から1200万画素)を図ったほか、「ポップ」「フィッシュアイ」などの4種類の効果を写真へ与えられる「マジックフィルター」を新搭載した。

photophotophoto 「μTOUGH-6010」

 タフネスさについては、水深3メートルまでの防水性能(IPX8相当)と砂ボコリなどに対する「防じん性能」(IP6X相当)、それに高さ1.5メートルからの落下に耐える「耐衝撃性能」、−10度までの低温でも問題なく動作する「耐低温性能」を備えており、場所や季節を問わずに利用できる。

 マジックフィルターは、色を鮮やかに強調する「ポップ」、周辺光量を落とす「ピンホール」、線画のような表現となる「スケッチ」、魚眼レンズを装着したような効果を得られる「フィッシュアイ」の4つが用意されており、それぞれの効果を液晶画面で見比べながら適用することが可能だ。

 デザインはμTOUGH-6000とほぼ共通ながら、カラーはトーンの抑えられた色調に変更され、タウンユースでも違和感を感じさせない仕上がりとなった。カラーバリエションは、レッド/ブルー/グレーの3色(μTOUGH-6000はブルー/オレンジ/イエロー/ホワイトの4色)で、ボディ表面のカラーパネルには、ちいさなすり傷ならば自然補修される「スクラッチキュアコート」が施されている。

photophoto

 レンズはCCDシフト式手ブレ補正機能を備えた35ミリ換算28〜102ミリの光学3.6倍ズームレンズで、電源と連動するレンズシャッターも設けられている。液晶モニターは2.7型(約23万画素)の「ハイパークリスタルIII」で、45Mバイトの内蔵メモリを搭載する。記録メディアはxD-ピクチャーカードだが、付属アダプター「MASD-1」を組み合わせればmicroSD/microSDHCも利用できる。

 サイズは95.3(幅)×63.4(奥行き)×22.4(奥行き)ミリ、約149グラム(本体のみ)。電源はリチウムイオン充電池「LI-50B」で、本体に装着した状態でコンセントまたはPCのUSBから充電が行えるケーブルが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう