ニュース
» 2009年08月06日 10時03分 UPDATE

「小顔フィルター」搭載の超薄型4倍ズームデジカメ「Optio P80」

ペンタックスが最薄部16.5ミリのボディに4倍ズームレンズを搭載した「Optio P80」を発売する。顔部分だけをひとまわり小さくする「小顔フィルター」も備える。

[ITmedia]

 ペンタックスは8月6日、コンパクトデジタルカメラ「Optio P80」を8月20日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万円代半ば。

photophotophoto 「Optio P80」。カラーはホワイト、ブラック、グリーンの3色を用意する

 「Optio P70」の後継となる薄型コンパクト機。最薄部16.5ミリというスリムボディや独自の「スライディング・レンズ・システム」による27.5ミリからの光学4倍ズームレンズなどはそのままに顔検出機能を強化し、日常での使い勝手を高めた。

 顔検出機能は最大32人/最短0.03秒で認識という高速検出が可能で、顔が斜めを向いていたり、首をかしげているような構図でも高精度な認識が行える。笑顔を検出して自動的に撮影する「スマイルキャッチ」や目つぶりを警告してくれる「まばたき検出」に加え、撮影後に顔部分だけをひとまわり小さくする「小顔フィルター」を新たに搭載している。

 レンズは35ミリ換算27.5〜110ミリの光学4倍ズームレンズ。手ブレ補正は電子式だが、最高ISO6400まで自動的に感度を高めることでブレを抑制する「高感度ぶれ軽減モード」も備える。また、動画撮影時専用の電子式手ブレ補正機能「Movie SR」によって動画撮影時のブレも補正する。動画については1280×720ピクセル/30fpsのハイビジョン動画を撮影可能だ。

 撮像素子は1/2.3型 有効1200万画素CCDで、被写体にあわせた撮影モードをカメラが自動的に選択してくれる「オートピクチャー」機能を備えるほか、背面ボタンだけで電源オンやズームが可能になるなど縦位置撮影が容易に行える「携帯ショット」モードなども用意されている。

 背面液晶は2.7型(約23万画素)で、サイズは約97(幅)×54(高さ)×21.5(厚さ)ミリ(最薄部16.5ミリ)/約105グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう