ニュース
» 2009年08月06日 10時06分 UPDATE

ペンタックス、手軽に持ち出せる小型防水デジカメ「Optio WS80」

ペンタックスが、防水・防じん機能をポップなデザインの小型ボディに搭載した「Optio WS80」を発売する。

[ITmedia]

 ペンタックスは8月6日、コンパクトデジタルカメラ「Optio WS80」を8月27日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万円代後半。

photophoto 「Optio WS80」。カラーは「ブラックプラスオレンジ」「ホワイトプラスパープル」の2色

 IPX8(JIS保護等級8)相当の防水性を備え、水深1.5メートルで連続2時間の水中撮影が可能な防水デジカメ。JIS保護等級6級の防じん性能も備える。水深5メートルで連続2時間の水中撮影が可能かつ、防じん/耐寒/耐衝撃性能を備えた「Optio W80」に比べるとタフネス性能では劣るが、小型化が進められており、より気軽に日常で使える。

 屈折光学系を採用したレンズは35ミリ換算35〜175ミリの光学5倍ズームレンズで、光学式手ブレ補正機能は備えないが、電子式補正機能と最高ISO6400までの高感度撮影を行うことでブレを軽減する「高感度ぶれ軽減モード」を備えている。電子式手ブレ補正は最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影時にも有効だ。

 撮像素子は1/2.3型 有効1000万画素CCD。最大32人/最短約0.03秒で顔を認識してAE/AFを行う顔検出機能も搭載する。顔検出機能の応用機能として、笑顔を検出してシャッターを自動で切る「スマイルキャッチ」や目つぶりを警告してくれる「まばたき検出」、撮影後に顔部分だけをひとまわり小さく補正する「小顔フィルター」なども用意している。

 そのほか、カメラが被写体にあわせた撮影モードを自動選択してくれる「オートピクチャー」機能や白トビ/黒ツブレを抑制する「D-Range」設定、25.4ミリ相当の焦点距離を

画像合成によって作り出す「デジタルワイド機能」、誤って消してしまった画像を復元できる「削除画像復活機能」、インターバル撮影機能などを備える。

 背面液晶は2.7型(約23万画素)で、本体サイズは91.5(幅)×59.5(高さ)×22(奥行き)ミリ、約105グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう