ニュース
» 2009年08月06日 10時34分 UPDATE

“でかボタン”&“でか文字”で簡単操作、「Optio E80」

ペンタックスから乾電池駆動対応の「Optio E80」が登場。押しやすく使いやすい“でかボタン”と大きく見やすい“でか文字”で使い勝手を高めた。

[ITmedia]

 ペンタックスは8月6日、コンパクトデジタルカメラ「Optio E80」を8月20日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万円前後。押しやすく使いやすい“でかボタン”をシャッターを始め各操作ボタンに採用したほか、ハイビジョン画質での動画も撮影できる。

photo Optio E80

 “でかボタン”を採用した「Optio E70」の後継機種で、背面液晶が2.4型から2.7型へと大型化したことにともない、液晶画面に表示されるアイコンやメニューもひとまわり大きな“でか文字”となり、使い勝手が向上している。

 撮像素子は1/2.33型 有効1000万画素CCDとOptio 70と変わらないが、レンズは35ミリ換算35〜105ミリから31.5〜94.5ミリの光学3倍ズームレンズとなり、焦点距離はやや広角側にシフトした。ブレ低減機能として、最高ISO6400の超高感度撮影を行うことで、手ブレ/被写体ブレを軽減する「高感度モード」が用意されている。1280×720ピクセルのハイビジョン画質の動画を含めた動画撮影時には、電子式手ブレ補正「MovieSR」が利用できる。

 ワンボタンで撮影シーンに応じた露出や感度などが自動設定される「グリーンボタン」を備えるほか、シーン認識/撮影モード自動適用機能「オートピクチャー」も認識性能が向上しているほか、適用される撮影モードも「風景」「ポートレート」「夜景」「夜景ポートレート」「標準」「花」「スポーツ」「キャンドルライド」の8種類に増加した。顔検出機能も備えており、その応用機能として自動的にバストアップの構図で撮影できる「ベストフレーミングモード」も用意されている。

 電源には入手性に優れた単三形乾電池を使用(アルカリ/リチウム/ニッケル水素充電池対応)し、アルカリ乾電池利用時の撮影可能枚数は約210枚(CIPA規格)。本体サイズは約101.5(幅)×59(高さ)×25(奥行き)ミリ、約125グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう