ニュース
» 2009年08月06日 14時00分 UPDATE

構図を考え自動撮影する“撮影ロボ”、サイバーショットのオプションに

ソニーがサイバーショットのオプションとして、カメラに自動撮影させるアクセサリー「Party-Shot」を発売する。

[ITmedia]
photo “Party-Shot"「IPT-DS1」と対応カメラ「DSC-TX1」の組み合わせ

 ソニーは8月6日、サイバーショット「DSC-WX1」「DSC-TX1」専用オプションとして、“Party-Shot"「IPT-DS1」を9月4日より販売開始すると発表した。価格は1万4910円。

 新製品は対応カメラを取り付けるだけで、構図あわせからシャッターを切るまでを全自動で行う“撮影ロボット”ともいえる製品。同社では“インテリジェント・パンチルター”と命名している。外観としては、手のひらサイズの円盤といった風情で、左右回転および+24度/−21度のパン/チルトが行える。

 セットしたサイバーショットの顔検出・笑顔機能を利用し、顔のむきや構図、撮影した歳の顔のサイズなどを総合的に勘案して回転ならびにパン/チルトを行い、自動でシャッターを切る。そのため、パーティの会場や自宅リビングに設置するだけで、撮られることを意識していない、自然な表情の写真を撮ることができる。回転角度や撮影頻度、フラッシュのオン/オフは設定できるが、基本的には撮影はオートになる。

photophoto 動作イメージ

 電源は単三形乾電池2本で、アルカリ乾電池2本で約11時間の利用が可能。本製品ならびに対応デジカメ、予備電池、対応ACアダプター「AC-LS5A」(別売)を収納できるキャリングケース「LCS-PSA」がオプションとして用意される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう