ニュース
» 2009年08月19日 11時01分 UPDATE

ペットでも風景でも自動でピントあわせ:カシオ、被写体を自動検出する“EXILIM”「EX-Z450」「EX-Z90」

カシオ計算機がデジタルカメラ“EXILIM”の新製品「EX-Z450」「EX-Z90」を発売。被写体の種類を問わず、自動的にピントと露出あわせを行う「さがしてフォーカス」機能を搭載する。

[ITmedia]

 カシオ計算機は8月18日、デジタルカメラ“EXILIM”の新製品「EX-Z450」「EX-Z90」を8月28日より順次販売開始すると発表した。価格はいずれもオープン。

photophoto 「EX-Z450」。「さがしてフォーカス」によって被写体がペットであっても自動的にピントあわせを行うことができる。カラーは写真のゴールドのほか、ピンク、レッド、シルバー、ブラウンを用意

 いずれも搭載する画像処理エンジン「EXILIMエンジン4.0」を利用し、カメラを向けるだけでその構図の中での主要被写体が何かを検出し、自動的にピントと露出あわせを行う「さがしてフォーカス」機能を搭載した。この機能は対象が人物であっても、人物でなくても有効となる。

photophoto 「EX-Z90」。カラーは写真のゴールドのほかシルバー、ピンク、ブルー、ブラックを用意する

 画像合成機能「ダイナミックフォト」も進化した。これまでは「被写体あり」「被写体なし」の2カットを撮影する必要があったが、背景が平面かつ単色の場合には1回の撮影で機能の利用が可能となった。また、付属CD-ROMには合成に利用できる素材約250点のほか、合成した動画を携帯電話などでも楽しめる変換ソフトも収録した。

 そのほか、風景撮影時に色を鮮やかにする「鮮やか風景」やモヤがかかったシーンでモヤを除去できる「もや除去」、肌の質感をなめらかにする「メイクアップ」、夜景や逆光時にもカメラが状況を自動判別して最適な設定を施す「押すだけ夜景」(EX-Z450のみ)「押すだけ逆光」などの撮影機能を備えている。

 「EX-Z450」と「EX-Z90」のいずれも撮像素子は1/2.3型有効1210万画素CCDで、EX-Z450は35ミリ換算28〜112ミリの光学4倍ズームレンズ(CCDシフト式手ブレ補正機能付き)、EX-Z90は35ミリ換算35〜105ミリの光学3倍ズームレンズを搭載する。メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)で、最大1280×720ピクセル(24fps)のハイビジョン動画も撮影できる。

 背面液晶のサイズはEX-Z450が3型、EX-Z90が2.7型(いずれも画素数は23万画素)で、本体サイズはEX-Z450が96.9(幅)×57.6(高さ)×21.4(奥行き)ミリ/約130グラム(本体のみ)、EX-Z90が89.7(幅)×51.7(高さ)×19.4(奥行き)ミリ/約102グラム(本体のみ)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう