ニュース
» 2009年09月01日 15時32分 UPDATE

キヤノン、“APS-Cの最高峰”ハイアマ向けデジ一眼「EOS 7D」 (1/2)

キヤノンが“APS-Cの最高峰”をうたう、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D」を発売する。

[ITmedia]

 キヤノンは9月1日、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D」を10月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はボディのみが19万円前後。「EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM」とのレンズキットが27万円前後、「EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS」と組み合わせたレンズキットが26万円前後。

photo 「EOS 7D」と「EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM」の組み合わせ

 本製品の投入により、同社アマチュア向けデジタル一眼レフカメラは35ミリフルサイズセンサーを搭載した「EOS 5D MarkII」と「APS-Cサイズの最高峰」(キヤノンマーケティングジャパン 代表取締役社長 川崎正己氏)に位置づけられる本製品、それにAPS-Cサイズセンサー搭載のスタンダード機「EOS 50D」と3製品が用意されることになる。

photophoto

photophoto

 EOS 7Dは新開発の有効1800万画素 CMOSセンサー(APS-Cサイズ)に画像処理エンジン「DiGiC 4」を2つ装備したデュアルDiGiC構成を採用、最高約8コマ/秒の高速連写と約94枚の連続撮影を可能としたほか、ISO感度についても常用ISO100〜6400までを確保するほか、感度拡張によってISO12800までの超高感度撮影が行える。

photo 「EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS」との組み合わせ(写真左)も用意される

 ファインダーは大型ガラスペンタプリズムや高屈折ガラス製接眼レンズなどの採用により視野率約100%(視野角は約29.4度、倍率は約1.0倍)とプロフェッショナル機と同様のスペックを実現。透過型デバイスをファインダーに装着したことで、移動する被写体にあわせて測距点を追従させることや、グリッドラインやスポット測光などの情報を表示させることが可能だ。

 AFについてはF5.6対応のクロス測距センサーを19点の測距点すべてに配置した「オールクロス19点AF」としており、中央測距点はF2.8対応のクロスセンサーを斜めに配置した「デュアルクロスセンサー」としており、より高精度なピントあわせを可能とした。処理を行うアルゴリズムについても新たな「AIサーボAFII」を採用することによって、スポーツを始め、さまざまなシーンで安定したピント合わせが行える。

 測光システムには、露出決定にAF情報と色情報を加味することで精度を高める「iFCL測光」が採用された。あわせて、受光エリアを63分割するとともに光の成分の赤/緑と緑/青をそれぞれ別層でとらえる「63分割デュアルレイヤー測光センサー」を備えることで、最適な露出に制御する。

 ライブビュー機能も備える。撮影前に露出やホワイトバランスをリアルタイムに確認する備えるほか、顔検出機能を用いてピントをあわせる顔優先モードなども用意される。既存機種にも用意された「静音モード」も引き続き搭載される。電子水準器は水平と前後、2軸を感知可能で、ライブビュー撮影時にも傾きを標示させることができる。

 動画撮影については「EOS 5D MarkII」「EOS Kiss X3」に続き1920×1080ピクセルのフルHD撮影に対応した。フルHD時撮影時にはフレームレートを30/25/24fpsから、HD(1280×720ピクセル)とVGA(640×480ピクセル)撮影時には60/50fpsから選択できる。新たに動画撮影スイッチ(ライブビュー起動兼用)が用意されており、スピーディな動画撮影が行える。絞り/シャッタースピード/ISO感度を任意設定可能なマニュアル撮影にも対応する。

photophoto 電子水準器は水平/前後の2軸が感知できる(写真=左)、ライブビュー/動画撮影を起動するスイッチが用意された(写真=右)

 内蔵ストロボにはマスター機能を搭載、「スピードライト 580EXII」「同 430EXII」といった外部ストロボをワイヤレスストロボとして利用できるようになった。背面液晶は3.0型(約92万画素)の「クリアビュー液晶II」。液晶とカバーガラスの間に特殊な樹脂を挟み込む構成とすることで低反射性を実現した。ボディの主要外装にはマグネシウム合金が採用されており、各種ボタンやカードスロットにはシーリングを施した防じん防滴構造となっている。

photophotophoto
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.