ニュース
» 2009年09月25日 11時48分 UPDATE

ビクター、ハイビジョン動画と8メガ写真の95グラム新提案カメラ

日本ビクターがポケットサイズのハイビジョンビデオカメラ“PICSIO”「GC-FM1」を発売。約95グラムと軽量な“コミュニケーションツール”ビデオカメラだ。

[ITmedia]

 日本ビクターは9月25日、ポケットサイズのハイビジョンビデオカメラ“PICSIO(ピクシオ)”「GC-FM1」を9月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万円前後。

photophotophoto “PICSIO(ピクシオ)”「GC-FM1」。カラーはブルー、ブラック、パープルの3色

 本格的な動画撮影が楽しめる“Everio”シリーズとは異なり、コミュニケーションツールとしての楽しさを提案する新機軸の製品。約95グラムと軽量ながら、1440×1080ピクセル(30fps)の「1080Pモード」と1280×720(60fps)の「720Pモード」と2つのハイビジョン撮影モードを備える。

 映像記録はMPEG-4/H.264(.MOV形式)、音声記録はAACで行われる。メモリは搭載しておらず、SDメモリーカード(SDHC対応)に記録する。撮像素子は1/3.2型 総画素数817万画素CMOSセンサーで、最大8メガ(3264×2448ピクセル)の静止画記録も行える。光学ズームは非搭載だが、4倍のデジタルズームが行える。

 操作の簡便さを狙いあえて「メニュー」を用意せず、各ボタンに録画や再生などの機能を割り当てた。PCに接続し、本体に内蔵されているソフトウェア「MediaBrowser LE」を利用すれば、YouTubeへ動画をアップロードすることもできる。MediaBrowser LEの対応OSはWindows XP/Vista。

photophotophoto 2型(11.5万画素)液晶を搭載する(写真=左)、SDカードスロットは底面(写真=中)、きらびやかな装飾が特徴的(写真=右)

 撮影した動画/静止画は2型(11.5万画素)の液晶で確認できるほか、HDMI出力を備えており、テレビなどへ映し出すこともできる。内蔵バッテリーでの実撮影時間は約48分。本体サイズは53(幅)×97(高さ)×17(奥行き)ミリ。

 なお、新製品についてはオークション形式でのモニター販売も行われる。アンケートの回答が必要となるが、入札下限価格(1万4900円)から上限価格(1万9800円)の範囲で購入が可能となる。ブラック/ブルー/パープルの各500台が販売され、受付期間は9月25日から10月6日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.