ニュース
» 2009年11月16日 17時26分 UPDATE

裏面照射CMOS採用、画質を高めた20倍ズーム“HIGH SPEED EXILIM”「EX-FH25」

高速連写可能な“HIGH SPEED EXILIM”に、感度を従来比約2倍に高めた裏面照射型CMOSセンサー搭載の“HIGH SPEED EXILIM”「EX-FH25」が登場。

[ITmedia]
photo “HIGH SPEED EXILIM”「EX-FH25」

 カシオ計算機は11月16日、デジタルカメラ“HIGH SPEED EXILIM”「EX-FH25」を11月27日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万円前後。

 2008年9月に発表された「EX-FH20」(レビュー)の後継機種で、35ミリ換算26〜520ミリの20倍ズームレンズはそのままに、感度を従来比約2倍に高めた裏面照射型CMOSセンサーを搭載することによって画質を高めた。CMOSセンサーのサイズは1/2.3型で、有効画素数は1010万画素。

 連写については、最大3456×2592ピクセルのサイズで最大40枚/秒の撮影が可能となっており(EX-FH20は最大3072×2304ピクセル、最大40枚/秒)、連写速度については40枚/秒から1枚/秒までの7段階調整が行える。ハイスピード撮影ももちろん搭載しており、1000/420/210/120fpsの撮影が行えるほか、30fpsの通常動画撮影中に240/120fpsの高速撮影にボタンひとつで切り替えるモードも備えた。

 高速連写した画像をカメラ内で合成する「HS」機能については、「HS夜景」「HS手ブレ補正」などに加え、「HS夜景と人物」「HSライティング」を新たに備えた。前者は連写した画像とフラッシュ撮影した画像を合成することで夜間の人物撮影でも被写体ブレ/手ブレを抑え、後者は露出の異なる3種類の撮影を行い、合成することでダイナミックレンジの広い写真を作り出す。

 背面液晶は3型(約23万画素)で、0.2型(約20万画素)の電子ビューファインダーも装備する。電源には単三形乾電池を4本使用し(アルカリ/ニッケル水素対応)、アルカリ電池使用時で約340枚の撮影が行える。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)で、サイズは122.6(幅)×81.4(高さ)×84.5(奥行き)ミリ、約483グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう