ニュース
» 2009年12月16日 17時57分 UPDATE

三洋電機、国内デジカメ市場へ再参入

三洋電機が国内デジカメ市場に再参入する。高級/安価の2極化が進む市場へ、1万2000円前後ながら12メガCCDや3倍ズームレンズなどを備えた新製品を投入する。

[ITmedia]

 三洋電機が国内デジカメ市場に再参入する。

 1997年にコンパクトデジカメ“マルチーズ”「DSC-V1」を投入、「デジカメ」の商標を持つ同社は10年以上に渡ってOEM供給を続けているものの、日本国内においてはムービーデジカメ“Xacti”シリーズを展開するのみとなっていた。しかし、「国内需要が飽和状態を迎える中、ローエンドとハイエンドの2極化が拡大する」(同社)との判断から、低価格対象品の投入に踏み切った。

photophoto 実売想定価格1万2000円という低価格が特徴の「DSC-X1250」

 12月18日より販売開始される「DSC-X1250」は実売想定価格1万2000円と低価格ながら、有効1210万画素 1/2.3型CCDに35ミリ換算35〜105ミリ光学3倍ズームレンズを最薄部17ミリのボディに搭載した。最大4000×3000ピクセルの静止画撮影を始め、640×480ピクセル(30fps)の動画撮影、ISO6400の高感度撮影や顔認識&笑顔検出、露出の異なる2枚の写真を連続撮影した後に合成しノイズやブレの軽減を狙う「新・静止画手ぶれ補正」などといった撮影機能も備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.