ニュース
» 2009年12月22日 09時35分 UPDATE

コンパクトデジカメ販売ランキング(2009年12月7日〜13日):厳冬ボーナス反映? 低価格デジカメが売り上げ伸ばす

冬ボーナスの支給時期を挟むデジカメランキングだけに動向が注目されるところだが、意外というか、世相を反映した結果となった。

[ITmedia]
photo 「DMC-FS7」

 今回のランキング集計期間は12月7日から13日。冬ボーナスの支給時期を挟むランキングだけに動向が注目されるところだが、やや意外な結果となった。

 1位から9位までの顔ぶれに変化はなく、カシオ計算機「EX-Z450」が6位から4位に順位を上げたのが目立つ程度で、ベスト3に至っては順位すら変わらない。売れ筋についてはほぼ固定されたと見ていいだろう。

 注目すべきはランク外から9位と10位にランクインしたパナソニック「DMC-FS7」とオリンパス「FE-4000」。いずれも機能的には突出しておらず、シリーズ製品群のなかでは低価格帯を埋める製品と位置づけられている。

 日本経団連が先日発表した、冬ボーナス交渉の妥結結果(加重平均)は75万5628円で、これは前年比約15%のマイナス。マイナスは2年連続で、落ち込み幅が過去最大となっている。

 低価格帯モデルとはいえ、DMC-FS7とFE-4000はいずれも自動被写体認識や光学4倍ズームレンズといった機能・特徴機能を備えており、決して安かろうという製品ではない。年末のパーティーや行事向けにライトな製品が伸びたとも考えられるが、低価格モデルの伸びと厳冬ボーナス。この2つは決して無関係とはいえないはずだ。

コンパクトデジタルカメラ販売ランキングTOP10

2009年12月7日〜13日
順位前回順位メーカー製品名
1位1キヤノンIXY DIGITAL 930 IS
2位2パナソニックDMC-FX60
3位3キヤノンIXY DIGITAL 110 IS
4位6カシオ計算機EX-Z450
5位7キヤノンIXY DIGITAL 510 IS
6位5カシオ計算機EX-H10
7位8ソニーDSC-WX1
8位9カシオ計算機EX-Z270
9位11パナソニックDMC-FS7
10位19オリンパスFE-4000

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう