ニュース
» 2010年01月14日 13時50分 UPDATE

ビクター、Bluetooth対応のポータブルビデオカメラ「GZ-HM570」など2モデル

ビクター・JVCは、軽量小型筐体を採用したHD解像度対応デジタルビデオカメラ「GZ-HM570」、上位モデル「GZ-HM1」の2製品を発表した。

[ITmedia]

 ビクター・JVCは1月14日、軽量小型筐体を採用したHD解像度対応デジタルビデオカメラ「GZ-HM570」、および上位モデル「GZ-HM1」を発表、2月上旬より発売する。価格はともにオープン。

photophoto GZ-HM570(左)、GZ-HM1(右)

 2製品はともに、“業界最高”をうたった1062万画素の「1/2.3 型 高感度B.S.I. CMOSセンサー」を搭載したデジタルビデオカメラ。ともに64Gバイトメモリを内蔵しており、最大約30時間のフルHD動画撮影を行えるほか、SD/SDHCカードへの録画にも対応している。

 GZ-HM570は、本体重量約260グラム(撮影時総重量約300グラム)の軽量コンパクト筐体を採用。また家庭用ビデオカメラとしては初となるBluetooth対応モデルとなっている。本体サイズは55(幅)×110(奥行き)×62(高さ)ミリ(最大突起物含む/グリップベルト含まず)。

 GZ-HM1は、同社従来モデル「GZ-HM400」の後継モデルで、“リアル10メガ”の静止画撮影と高速連射機能(最大6コマ)を搭載。光学式の手ブレ補正システムも装備している。本体サイズは67(幅)×135(奥行き)×72(高さ)ミリ、重量は約400グラム(撮影時総重量約485グラム)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう