ニュース
» 2010年01月26日 20時27分 UPDATE

厚さ26ミリ、AVCHD Lite対応のポケットサイズHDデジカメ「DMC-ZX3」

ポケットサイズのボディに光学8倍ズームレンズ、AVCHD Lite形式のハイビジョン撮影機能を備えたLUMIX 「DMC-ZX3」がパナソニックから登場。

[ITmedia]

 パナソニックは1月26日、コンパクトデジタルカメラ“LUMIX”「DMC-ZX3」を2月19日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万3000円前後。昨年夏に登場した、厚さ25ミリのスリムボディに8倍ズームを搭載した「DMC-ZX1」と同様のスリムボディに、AVCHD Lite形式のハイビジョン撮影機能を搭載した。

photophoto
photophoto

 97.8(幅)×54.8(高さ)×26(奥行き)ミリのコンパクト&スリムなボディに、DMC-ZX1と同じく35ミリ換算25〜200ミリの光学8倍ズームレンズを搭載。DMC-ZX1も1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影は行えたが、形式はMotionJPEGのみだった。新製品ではより圧縮率が高く家庭用レコーダーや薄型テレビとの親和性が高いAVCHD Lite形式も選択可能となり、AV家電製品との親和性が増した。本体にHDMI出力端子を備えており、HDMI経由ならば1920×1080ピクセルのフルHD出力をテレビなどで楽しめる。

 撮像素子は1/2.33型 1450万画素CCD(DMC-ZX1は1/2.33型 有効1210万画素CCD)で、画像処理エンジンは「ビーナスエンジンVI」を組み合わせる。撮影した画像を解析し、それぞれの部分に応じた最適な画像処理を行う「超解像技術」を搭載しており、全体的な解像感アップやデジタルズーム時の画質向上、高感度撮影時の画質向上などを実現している。DMC-ZX1に比較すると、起動時間の高速化(起動時間1.10秒)、AF速度の高速化(ワイド端時0.26秒/テレ端時0.31秒)と動作の高速化も図られている。

photophotophoto

 「おまかせiAモード」も引き続き搭載される。本製品では選択されるモードに「夕焼け」が追加され、カメラを被写体に向けると8つのシーンモードから最適なモードが選択される。また、おまかせiA利用時には記憶色指向の鮮やかな色彩で記録するカラーモード「ハッピーカラー」が設定できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.