ニュース
» 2010年01月26日 22時20分 UPDATE

28ミリからの広角スタンダードLUMIX「DMC-FS10」

スタンダートタイプのLUMIX FSに新製品「DMC-FS10」が登場。レンズが28ミリからと広角化したほか、おまかせiAや動画撮影機能も強化。

[ITmedia]
photo “LUMIX”「DMC-FS10」

 パナソニックは1月26日、スタンダードタイプのコンパクトデジタルカメラ“LUMIX”「DMC-FS10」を2月19日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万5000円前後。

 エントリークラスに位置する製品だがシリーズ製品同様に、顔認識とシーン認識、動き認識やオートマクロなどを組み合わせることで、さまざまな撮影状況にあわせた設定をカメラが自動的に行ってくれる「おまかせ iA」や、光学式手ブレ補正/最高ISO6400の高感度撮影/動き認識の3つを連動させることでブレを軽減する「トリプル・ブレ補正」など、主な機能は同様に搭載する。おまかせiAには、夕焼けの自動判別機能も加わった。

 撮像素子は1/2.33型 有効1270万画素CCDで、光学5倍ズームレンズ“LUMIX DC VARIO”(焦点距離は35ミリ換算28〜140ミリ)を組み合わせる。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)。最大1280 ×720ピクセル(MotionJPEG)のハイビジョン撮影も可能だ。サイズは98.4(幅)×55.2(高さ)×23.4(奥行き)ミリ、約123グラム(本体のみ)。カラーはオレンジ、ブラック、ピンク、シルバーを用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう