ニュース
» 2010年02月02日 20時19分 UPDATE

富士フイルム、実売2万円台の世界最小18倍ズームデジカメ「FinePix S2500HD」

富士フイルムが18倍ズームレンズ搭載で世界最小(同社)となる高倍率レンズ搭載のデジタルカメラ「FinePix S2500HD」を発売。単三乾電池で駆動する。実売2万円台。

[ITmedia]

 富士フイルムは2月2日、18倍ズームレンズ搭載で世界最小(同社)となる高倍率レンズ搭載のデジタルカメラ「FinePix S2500HD」を2月20日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万9800円。

photo 「FinePix S2500HD」
photophoto

 35ミリ換算28〜504ミリのフジノン18倍ズームレンズを搭載しており、超望遠の撮影からマクロ撮影(最短2センチ)まで幅広い撮影領域をレンズ交換なしにカバーする。最大1280×768ピクセルのハイビジョン撮影機能を備え、搭載するHDMI端子によって薄型テレビなどへ映像を映し出すことも可能だ。

 撮影機能として自動シーン認識「シーンぴったりナビ」や高倍率撮影時に便利な自動追尾AFも備える。望遠撮影時に便利な機能としてはそのほかに、液晶モニターに撮影可能範囲と撮影不可能範囲の双方を示すことで、被写体が撮影可能範囲から移動しても素早く再フレームインさせることのできる「ねらい撮りズーム」も用意されている。

 サイズは110.2(幅)×73.4(高さ)×81.4(奥行き)ミリ/約337ミリ(本体のみ)で、これは光学式18倍ズームレンズ搭載のコンパクトデジタルカメラにおいて世界最小(同社)の大きさだ。電源には単三形乾電池(アルカリ/ニッケル水素対応)4本を利用し、付属アルカリ乾電池使用時で約300枚の撮影が行える(CIPA規格)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう