ニュース
» 2010年02月03日 20時49分 UPDATE

28ミリからの10倍ズーム、“フルスペックコンパクト”「μ-9010」

カードタイプのボディに28ミリからの10倍ズームレンズ、1400万画素CCD、ハイビジョン動画撮影機能、2G内蔵メモリなど“フルスペック”のコンパクトデジカメ「μ-9010」がオリンパスより。

[ITmedia]
photo 「μ-9010」

 オリンパスはカードタイプのスリムボディに、10倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「μ-9010」を2月下旬より販売開始する。価格はオープン。

 新製品はシリーズフラグシップモデルで、94(幅)×57.6(高さ)×31.1(奥行き)ミリ/171グラム(バッテリー、メモリカード含む)のボディに1/2.33型 有効1400万画素CCDと35ミリ換算28〜280ミリ光学10倍ズームレンズを搭載した。手ブレ防止機構は、CCDシフト式手ブレ補正機構と、最高ISO1600の高感度撮影を併用した「DUAL IS」だ。

 撮影機能としては、同社製品で多く採用されている画像加工機能「マジックフィルター」(ポップ/ピンホール/フィッシュアイ/スケッチ)のほか自動シーン認識機能、顔検出機能、顔検出を利用して露出を制御する「フェイス&バックコントロール」などを備えている。

 背面には「動画ボタン」を備えており、ワンタッチで最大1280×768ピクセル(MPEG-4 AVC/H.264)のハイビジョン動画が撮影できる。動画は2Gバイトの内蔵メモリへ記録できるほか、SD/SDHCメモリーカードへの記録も可能だ。HDMI端子も用意されており、撮影した映像をテレビへ映し出して楽しむこともできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう