ニュース
» 2010年05月13日 00時45分 UPDATE

アイファイジャパン、高速転送や自動ファイル削除機能を備えた「X2」シリーズ

アイファイジャパンが無線LAN搭載SDメモリーカード「Eye-Fi」の新製品、「Eye-Fi X2」シリーズを発売する。読み書き及び無線転送時の高速化が図られたほか、転送済みファイルの自動削除機能も備えた。

[ITmedia]
photo 「Eye-Fi Pro X2」

 アイファイジャパンは無線LAN搭載SDメモリーカード「Eye-Fi」の新製品、「Eye-Fi X2」シリーズ3製品を5月20日より販売開始する。価格は6980円より。

 いずれもSDスピードクラス「Class6」に対応したほか、無線LAN規格についてもIEEE 802.11nに対応することで読み書き動作および無線転送速度を向上させた。また、転送済みファイルを自動的に削除する「エンドレスモード」を備えた。

 ラインアップは「Eye-Fi Connect X2」「Eye-Fi Explore X2」「Eye-Fi Pro X2」の3種類で、Eye-Fi Explore X2/Pro X2は無線LANの情報を元に位置情報をファイルへ付加するジオタグ付加やオープンネットワークへの自動接続機能を有しており、最上位モデルのEye-Fi Pro X2はRAWファイルの転送およびアドホックネットワーク接続にも対応する。

製品名 容量 転送対応ファイル 機能
Eye-Fi Connect X2 4Gバイト JPEG、動画 PC/オンラインサービスへの自動転送
Eye-Fi Explore X2 8Gバイト JPEG、動画 PC/オンラインサービスへの自動転送、ジオタグ付加、オープンネットワークへの自動接続
Eye-Fi Pro X2 8Gバイト JPEG、動画、RAW PC/オンラインサービスへの自動転送、ジオタグ付加、オープンネットワークへの自動接続、アドホックネットワーク接続

 また、Webブラウザ上で実行されていた管理ツールがアプリケーション「Eye-Fi Center」に置き換わるほか、対応するネットワークサービスにキヤノン「CANON iMAGE GATEWAY」が追加された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう