ニュース
» 2010年05月17日 13時35分 UPDATE

リコー、ノイズリダクション強化など「GXR」「GR DIGITAL III」用機能拡張ファームウェア

リコーデジタルカメラ「GXR」「GR DIGITAL III」用の機能拡張ファームウェアを提供開始する。適用することでノイズリダクションやホワイトバランスの機能が強化される。

[ITmedia]

 リコーは5月17日、同社デジタルカメラ「GXR」ならびに「GR DIGITAL III」用の機能拡張ファームウェアを5月19日より提供開始する。GXR用機能拡張ファームウェアの提供は今回が初めて、GR DIGITAL III用は今回が2回目となる。

photophoto 「GXR」(写真=左)、「GR DIGITAL III」(写真=右)

 GXR用新ファームウェアの適用により、以下の機能が追加される。

  • ノイズリダクション「MAX」の追加
  • シーンモード「夜景・遠景」利用時のノイズリダクション設定が可能に
  • ADJ.レバーの左右でISO感度設定が可能に
  • ホワイトバランスに「白熱灯2」を追加
  • シャッタースピード優先モード時に適正露出を得られる自動シフト機能を追加
  • アップダウンダイヤルでフラッシュ/セルフタイマー設定が可能に
  • 「マイセッティング」からズームポジションが変更可能に(レンズユニット「S10」「P10」利用時)
  • レンズユニット「A12」利用時に、マクロ焦点距離を10〜30センチ、7〜10センチが選択可能に
  • A12利用時にマクロボタンを押している間、フォーカスリングの動作が高速に
  • Exifにレンズユニット情報が記載される
  • セットアップメニューにファームウェアバージョンを表示

 GR DIGITAL IIIについては、以下の機能が追加される。

  • ノイズリダクション「MAX」の追加
  • 最大2.0EVまでのオートブラケットが撮影可能に
  • 撮影画像の再生時にトリミングを行い、別ファイルとして保存
  • ホワイトバランスに「白熱灯2」を追加
  • シャッタースピード優先モード時に適正露出を得られる自動シフト機能を追加

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう