ニュース
» 2010年06月01日 12時41分 UPDATE

名刺ケースサイズでハイビジョン、amadanaから新型「SAL」

「amadana」を展開するリアル・フリートは、名刺ケースサイズの小型ビデオカメラ「SAL」(VC-242)の予約受付を開始する。ハイビジョン撮影が可能となり、twitterなどのとの連携機能も備えた。

[ITmedia]
photo

 総合家電ブランド「amadana」を展開するリアル・フリートは、名刺ケースサイズの小型ビデオカメラ「SAL」(VC-242)を7月15日より予約受付、9月1日より販売開始する。価格は1万9800円。

 2009年3月に発表された同名製品「SAL」(VC-142)の後継機種。VC-142は動画サイズがVGA(640×480)までとなっていたが、新製品では1080Pまで用意されており、そのほかにも720P/VGA/QVGAの録画モードが用意されている。映像コーデックはMPEG-4 AVC/H.264で、ファイル形式は.MOV。720Pは「夜景モード」となっており、最低照度が5ルクスとなっている。

 55(幅)×97(高さ)×15.7(奥行き)と名刺ケースサイズのボディのバックパネルにはヘアライン加工を施した。カラーはブラウン/ホワイト/ピンクの3色。本体にはUSBコネクタを備えており、PCとの接続も容易だ。充電もUSB経由で行える。アプリケーション「amadanaアプリ」によって、撮影画像/映像の管理編集などのほか、YouTubeやmixi、twitterなどへの投稿も行える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.