ニュース
» 2010年06月02日 16時47分 UPDATE

コンパクトデジカメ販売ランキング(2010年5月17日〜23日):こちらの感度を試されている気がする

「きれいに撮れます」「ブレません」ではなく、「高感度か」と問いかけてくるコンパクトデジカメが発売された。市場の反応が楽しみだ。

[渡邊宏,ITmedia]

コンパクトデジカメ販売ランキング TOP10

2010年5月17日〜5月23日
順位前回順位メーカー製品名
1位2キヤノンIXY 10S
2位1パナソニックDMC-FX66
3位4カシオ計算機EX-Z2000
4位5ニコンCOOLPIX S6000
5位6キヤノンIXY DIGITAL 930 IS
6位7富士フイルムFINEPIX Z700EXR
7位3カシオ計算機EX-Z90
8位10キヤノンIXY 200F
9位9ソニーDSC-HX5V
10位8ソニーDSC-W350

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


 GfK Japan調べによる、コンパクトデジカメ販売ランキングをまとめた。集計時期が5月17日〜23日と、春モデルのほぼ市場に出そろった5月中旬となったためか順位の変動は少なく、トップ10入りしている機種の顔ぶれは前回から変わっていない。

 例年のパターンからすれば、こうした販売ランキングに登場する、ある意味、万人向けのキャラクターを持ったコンパクトデジカメは春先に多くの製品が各社より発表される。そうした意味では時季外れなのだが、次週以降のランキングに登場が期待される新製品がある。キヤノンの「IXY 30S」(→レビュー:IXY初のF2.0レンズ&裏面CMOSセンサー搭載、「IXY 30S」を楽しむ)だ。

photo IXY 30S

 IXYといえば言わずとしれたコンパクトデジカメの一大ブランドで、今回のランキングにも「IXY 10S」「IXY DIGITAL 930I S」「IXY 200F」の3台がランキングしている。デジタルカメラとしてのIXYは登場して10年が経過しており、同社製品の中ではごく一般的な利用者に向けた、使いやすいカメラとしてのイメージが定着している。

 5月末より販売が開始されたIXY 30Sは裏面照射型CMOSセンサーおよびF2.0からの明るいレンズを搭載した製品で、そのデザインもいい意味で“IXYらしくない”新鮮さを持っている。カメラに詳しい人なら撮像素子や明るいレンズに興味をひかれるところだが、詳しくないひとへも上手なアピールがなわれている。

 販売開始にあわせてテレビや鉄道などでの広告も開始されているのだが、そこで面白いなあと感じたのが、列車内の広告という、さまざまな人が目にする広告で「F2.0」という文字を大きく使った展開が行われていることだ。カメラの知識がある程度ある人ならばF2.0という文字から製品イメージを膨らませることができるが、F2.0がなんのことだか分からない人も少なくないはずであるのに。

 IXYというブランド名はユーザー層を問わずに広く浸透しているので、「ついにIXYは、F2.0へ」というキャッチフレーズを読んで、あまりカメラに詳しくない人が「IXYは知ってる。けどF2.0って?なんだろう?」と関心を持ってもらえればうれしい――そうした意図なのだろう。

photophotophoto
photophotophoto
photophoto
photophoto

 ちなみにカタログやWebサイトなどには「高感度IXY」という文字がメインキャッチフレーズとして踊っている。これはカメラ的な感度(高感度センサーに明るいレンズ、それを組み合わせた「HS SYSTEM」)だけを指すのではなく、あまり類を見ない5色展開や外装デザインが利用者のセンス(感度)へ触れるだけ高められたモノであるという自負もあるのだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう