ニュース
» 2010年06月03日 16時30分 UPDATE

世界最軽量、女性視点のビデオカメラ「HDC-TM35」

パナソニックより、女性=ママに支持される製品を目指し、女性メンバーによるプロジェクトによって作られたビデオカメラが登場する。

[ITmedia]

 パナソニックは6月3日、AVCHD方式のデジタルビデオカメラ「HDC-TM35」を7月1日より販売開始すると発表した。

 女性メンバーによるプロジェクトによって作られ、女性=ママに支持される製品を目指し、4色のカラーバリエーションやフルハイビジョン(1080i)録画モデルながら185グラムという「世界最軽量」(同社)の軽さが大きな特徴だ。

photo 「HDC-TM35」。カラーはピュアホワイト、モードヴァイオレット、クラシックゴールド、シャイニーグレーの4色を用意する

 ボディは凹凸が少なくバッグやポーチに収納しやすくデザインされており、小さな手でも保持しやすいよう、グリップベルトなどの細部のデザインにも留意されている。手ブレ補正機構にはジャイロを使って「手首の縦横」を、撮像素子を利用して「腕の上下左右」を検出する4軸対応の「ハイブリッド手ブレ補正」を搭載し、ズーム時のブレはもちろん、歩きながらの撮影にも威力を発揮する。

 撮像素子は1/4.1型 総画素332万画素MOSで、レンズは16.8倍ズームレンズ。動画撮影時の焦点距離は35.8〜716ミリ(アスペクト比16:9時)、43.9〜878ミリ(アスペクト比4:3時)だが、超解像技術を用いたiAズームによって23倍までズーム倍率を上げてもハイビジョン画質を保つことができる。

 シーン認識機能「おまかせiA」ならびに顔認識、個人認識機能も搭載。撮影時にタッチパネルで被写体を指定すると自動的に被写体を追尾してAE/AFを行う「追っかけフォーカス」も備えており、子どもからペットまでさまざまな被写体の撮影に適する。記録メディアは32Gバイトの内蔵メモリおよびSDメモリーカード(SDHC/SDXC対応)で、本体内にMPEG-2変換機能を備えており、別売のDVDライターを接続すればハイビジョン撮影した映像からSD画像のDVDを作成することもできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう