ニュース
» 2010年06月10日 15時57分 UPDATE

エグゼモード、赤外線ランプで暗闇を照らすスリムデジカメ

エグゼモードはYASHICAブランドのデジタルカメラ「YASHICA EZ Digital F537IR」を発売する。赤外線ランプを搭載し、夜間でもフラッシュなしの撮影が行える。

[ITmedia]

 エグゼモードは6月10日、赤外線ランプを搭載したYASHICAブランドのデジタルカメラ「YASHICA EZ Digital F537IR」を6月17日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は7980円。

photophotophoto
photophoto

 赤外線ランプをレンズ周辺に6つ搭載し、対象へ赤外線を投射することで、夜間でもフラッシュなしの撮影が行える「赤外線ナイトモード」を搭載した。レンズは35ミリ換算40ミリの単焦点レンズ(デジタルズームあり)で、撮像素子は1/3.2型 有効503万画素CMOSセンサー。

 最大720×480ピクセルの動画撮影機能も備えており(映像はMotionJPEG、音声はPCM)、動画撮影時に赤外線ナイトモードを利用することもできる。本体カラーはブラック、シルバー、ブルー、レッド、ピンクの5色。サイズは94(ミリ)×61(高さ)×18.2(奥行き)ミリ、約80グラム。

関連キーワード

赤外線 | YASHICA | エグゼモード | デジカメ | CMOS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう