連載
» 2010年06月16日 10時15分 UPDATE

オンラインフォトストレージ探訪:敬遠せずに使いたい、高機能&関連サービスも充実の「Flickr」

米Yahoo!が運営する「Flickr」は、世界で最も普及しているオンラインフォトストレージサービスだ。日本語表示がないという難はあるが、高機能で関連サービスも普及しているので敬遠することなく使いたい。

[ITmedia]

プロアカウントで容量無制限に

 Flickrは米Yahoo!のサービスとして提供されており、利用するには米Yahoo!のアカウントを作成する必要がある。あくまでも運営が米Yahoo!のため、日本のYahoo!アカウントを持っていても新たに取得する必要がある。

photo Flickr

 アカウントの取得はFlickrのトップページから行える。トップページから「Create Your Account」を選択すると、Yahoo! ID入力画面になるので、IDを持っていない場合は「Sign Up for Yahoo!」を選び、名前や性別、誕生日、国、郵便番号などを入力し、任意のIDとパスワードを指定するなどすればIDを作成できる。

 Flickrには無料と有料のアカウントがあり、無料アカウントでは、1カ月間に1ファイルあたり10Mバイトまでの画像が100Mバイトまで、90秒/150Mバイトまでの動画を2つアップロードできる。1カ月後には、再び同じ量の動画像をアップロードできる。1年間では1.2Gバイト、24ファイルの動画をアップロードできる。

 有料(プロ)アカウントでは、1ファイル20Mバイトまでの画像のアップロードが無制限に、90秒/500Mバイトまで動画のアップロードが無制限になる。720pのHD動画アップロードも対応する。さらには広告が表示されない、画像の閲覧者の統計情報などが閲覧できるといった機能も追加され、長辺1024ピクセル以上の画像はプロアカウントでないと閲覧できない。保存容量が無制限になるので、HDD上のすべての動画像のバックアップ用途としても利用できる。プロアカウントの利用には、1年24.95ドルまたは2年47.99ドルで利用できる。

 対応する画像形式はJPEG/GIF/PNGで、TIFFなどの画像もアップロードできるが、アップロード時にJPEGに変換される。動画ファイルは、AVI/WMV/MOV/MPEG-1/MPEG-2/MPEG-4/3GP/M2TSに対応する。

検索や編集も充実

 画像のアップロードにはWebブラウザを利用する。特別な機能はないが、複数ファイルを一度にアップロードできる。アップロードツール「Flickr Uploadr」も用意されている。ツールの機能としては画像をドラッグ&ドロップなどで登録し、各種設定をしてアップロードをするだけと、最小限だが、簡単に画像をアップロードしたい場合には便利に利用できる。

photophoto Webブラウザからのアップロード(写真=左)、アップロードツール「Flickr Uploadr」は、機能はそれほど多くはないシンプルなもの。対応OSはWindows 7/Vista/XPおよびMac OS X10.5/10.4

 アップロード用のメールアドレスも提供され、そこに画像を添付してメールするとその画像をアップロードできる。そのほか、サードパーティのアップロードツールもたくさん出ており、また、画像管理ソフトでも対応する製品が多く、このあたりは世界最大級のサービスであるメリットを享受できるポイントだ。

 アップロードされた画像は、「Photostream」として全画像がすべて保存される。分類のためには「Set」が利用され、Setには任意の名称を付けて管理できる。さらにSetは「Collection」でひとまとめにできる。画像にはタグも設定でき、同じタグの画像を一覧表示することもできるほか、画像の顔に人物を設定し、その人の写った写真だけを表示することも可能。また、Exifから画像の撮影日を取得したり、Flickrへアップロードした日付を使って、カレンダーから画像を検索することもできる。

photo Photostreamの画面。CollectionやSetなど、さまざまな機能が用意されている

 アップロードした画像は、自分だけが閲覧できる「Only You(Private)」、友達設定または家族設定した人だけが閲覧できる「Your Friend」「Your Family」、そして誰でも閲覧できる「Anyone(Public)」が公開範囲が選択できるほかにも、画像の著作権設定、地図を使った撮影場所の指定、撮影日の変更が可能と盛り沢山だ。

photo 高機能なオンライン画像編集サービスPicnikの画面

 「Organize & Create」を選択すると、画面下部に画像が並び、そこから複数の画像をドラッグ&ドロップし、画像を一括で編集することが可能なので、複数の画像に対して一度に設定を変更したり、SetやCollectionへの登録が可能だ。

 「Picnik」と呼ばれるオンライン画像編集サービスが統合されており、画像編集機能が充実しているのも特徴。画像を表示した状態で「Edit Photo」を選択してPicnikに画像が転送され、編集が行えるようになる。自動補正(Auto-fix)や露出、色調、赤目などの補正、リサイズやクロップといった画像補正に加え、フレームやスタンプの追加、トーンカーブの補正といった、本格的な画像編集に対応している。

高機能なオンラインフォトストレージの定番

 モバイルへの対応も進んでおり、モバイル向けサイトにアクセスすれば、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンだけでなく、いわゆるガラケーでも携帯用サイトでアクセスできる。iPhone向け公式アプリだけでなく、サードパーティからも多くのアプリがリリースされており、多彩なアプリから活用できる。

 世界最大級だけあって、ユーザー数も多く、海外の利用者も含めて多くの画像が公開されているので、公開画像を閲覧するだけでも楽しめる。検索、編集機能も充実しており、サードパーティによる関連ツールも用意されている。

 残念ながら日本語化は行われておらず、案内がすべて英語なのでそうした意味では敷居は高いが、慣れれば非常に高機能で内容も豊富。日本にも多くの利用者がおり、使い方を解説しているサイトも多い。そうしたサイトを参考にすれば利用しやすいだろう。

 世界中に利用者がいる定番サービスなので、使いこなせれば、便利に利用できるサービスだ。

名称 Flickr
価格 無料/24.95ドル(1年)
容量 100Mバイト+動画2ファイル/無制限
対応フォーマット 静止画:JPEG/GIF/PNG(フリーアカウント:10Mバイト、プロ:20Mバイト)、動画:AVI/WMV/MOV/MPEG-1/MPEG-2/MPEG-4/3GP/M2TS(フリーアカウント:90秒・150Mバイト、プロ:90秒・500Mバイト)
公開範囲設定 全員/限定
専用アプリケーション Windows用、Mac用、iPhone用(公式ツール)
携帯/スマートフォン対応 閲覧・アップロード対応

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.