ニュース
» 2010年07月08日 13時00分 UPDATE

背面液晶で疑似3Dも楽しめる、薄型サイバーショット「DSC-TX9」

薄型サイバーショット「T」に新製品「DSC-TX9」が登場。裏面照射型CMOSの画素数がアップしたほか、フルオートで画像重ね処理もしてくれる「プレミアムオート」など多くの撮影機能を新搭載した。

[ITmedia]

 ソニーは7月8日、コンパクトデジタルカメラ“サイバーショット”「DSC-TX9」を8月7日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万5000円前後。スライド式レンズバリアと搭載した薄型サイバーショット「T」の新製品で、春モデル「DSC-TX7」(レビュー)の後継にあたる。

 25ミリからの屈折光学系を採用した光学4倍ズームレンズや背面一杯に搭載されたタッチパネル液晶といった主な特徴は引き継ぎながら、裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」の画素数は有効1220万画素へ引き上げられた。動画はもちろんDSC-TX7同様、1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影に対応する。

photo 「DSC-TX7」

 強化されたのは撮影機能だ。顔認識やシーン認識などを複合した従来の「おまかせオート」に加え、新たに「プレミアムオート」を搭載した。この撮影モードでは、従来は撮影モードの切り替えが必要だった、撮影画像の重ね合わせによってノイズを低減する「手持ち夜景モード」と、同じく重ね合わせてダイナミックレンジを拡大する「逆光補正HDR」も、撮影モードを変更することなくカメラが状況に応じて適用してくれる。

 また、フラッシュの届かない背景がある場合の撮影でも、被写体と背景、それぞれに適したホワイトバランスをピクセル単位で調整する機能も用意されている。これはプレミアムオートを選択していない状態でも、すべてのフラッシュ撮影で適用される。

 パノラマ写真をカメラを振るだけで撮影できる「スイングパノラマ」もDSC-TX7に引き続き搭載されており、加えて、3Dテレビにつなぐと3D画像を楽しめる「3Dスイングパノラマ」も用意された。3Dについては「スイングマルチアングル」モードで撮影すれば、その撮影画像を背面液晶に表示した状態でカメラを傾けると、疑似的に立体感を得られる。

photophotophoto カラーはダークグレー、ゴールド、レッドの3色
photophotophoto

 ポートレート撮影に適した「背景ぼかし」も搭載された。これはNEX-3/5のような絞りの変更ではなく、「主被写体にピントを合わせた1枚」と「ピントをずらした参考用の1枚」という2枚を連続撮影して差分を検出し、主被写体にピントの合っている1枚の背景に、ぼかし処理を施す。この撮影時に、シワやシミを抑え、人の肌を明る撮影する「美肌モード」の処理を組み合わせることも可能だ。

 背面液晶は3.5型/92万画素のタッチパネル液晶で、指先で被写体を指定できる追尾AFを新搭載したためペットや子どもなど動き回る被写体の撮影も容易となった。サイズは97.8(幅)×59.5(高さ)×17.5(奥行き)ミリ、133グラム(本体のみ)。

 また、自動撮影機能付きスタンド「Party-Shot」(レビュー)と本製品を組み合わせると、パノラマ撮影が可能となるほか、被写体ブレ軽減が図られる。また、似た構図の写真を撮影しないよう、制御ソフトの改良が施されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう