ニュース
» 2010年07月08日 13時02分 UPDATE

3D撮影とフルHD動画が楽しめる、Exmor R搭載コンパクト「DSC-WX5」

スタンダードモデルながら、コンパクトボディに裏面照射型CMOSセンサー、5倍ズームレンズ、フルHD動画、3D対応と機能を満載したサイバーショット「DSC-WX5」が登場。

[ITmedia]

 ソニーは7月8日、コンパクトデジタルカメラ“サイバーショット”「DSC-WX5」を8月7日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万5000円前後。

 昨年9月に発表された「DSC-WX1」(レビュー)の後継モデル。裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」の画素数は有効1220万画素へ引き上げられ、フルハイビジョン動画撮影にも対応した。また、新たなフルオート撮影機能として「プレミアムオート」を搭載した。

photo 「DSC-WX5」

 レンズはDSC-WX1と同様の“Gレンズ”35ミリ換算24〜120ミリの光学5倍ズームレンズだが、動画撮影機能はDSC-WX1の最大1280×720ピクセルから、最大1920×1080ピクセルのフルハイビジョン対応へと強化された。撮影形式もMP4からAVCHDへと変更された。

 プレミアムオートはシーン認識などを備えた従来の「おまかせオート」に、撮影画像の重ね合わせによってノイズを低減する「手持ち夜景モード」と、同じく重ね合わせてでダイナミックレンジを拡大する「逆光補正HDR」を含めたもので、撮影状況に応じて、こうした重ね合わせ処理も自動的に行われる。

photophotophoto
photophoto カラーはブラウン、バイオレット、ゴールド、シルバー、ブラックの5色

 撮影モードには「背景ぼかし」も新たに用意された。これは「主被写体にピントを合わせた1枚」と「あえてピントをずらした参考用の1枚」というピント合わせの距離が異なる2枚を連続撮影して差分を検出し、主被写体にピントの合っている1枚の背景にぼかし処理を施す。ぼかしの度合いは高/中/低の3段階に調整できる。こちらも新たに用意された、人の肌を明るく、シミを少なく加工する「美肌モード」と組み合わせることで、人物の引き立つポートレート写真が手軽に撮影できる。

 カメラを振るとパノラマ写真が撮影できる「スイングパノラマ」も搭載しており、NEX-3/5が近日のファームウェアアップデートにて対応した、3Dテレビにつなぐと3D画像を楽しめる「3Dスイングパノラマ」も利用できる。このほか、「スイングマルチアングル」撮影モードが用意されており、こちらで撮影した画像を画像を背面液晶に表示し、カメラを傾けると疑似的に立体感を得ることが可能だ。

photophoto モードダイヤルに描かれた金色のカメラマークが「プレミアムオート」。背面液晶は2.8型/46万画素の「クリアフォト液晶プラス」だ

 サイズは91.7(幅)×51.9(高さ)×21.5(奥行き)ミリ、130グラム(本体のみ)で、背面液晶は2.8型/46万画素の「クリアフォト液晶プラス」。背面液晶をDSC-WX1に比較するとサイズこそほぼ変わらないが、画素数は2倍に向上し、より精細感が増している(DSC-WX1は2.7型/23万画素)。記録メディアはSDメモリーカード/メモリースティックDuoの双方が利用でき、メモリースティックDuoについてはTransferJetにも対応する。カラーはゴールド、バイオレット、ブラウン、シルバー、ブラックの5色を用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう