ニュース
» 2010年07月30日 20時38分 UPDATE

カードサイズでAVCHDフルHD、タッチパネルで操作もらくらく「DMC-FX700」

パナソニック「DMC-FX700」はカードサイズのコンパクトデジタルカメラながら、AVCHD形式によるフルHD動画を撮影でき、タッチパネル液晶で操作性も高めた。

[ITmedia]

 パナソニックは7月30日、コンパクトデジタルカメラ“LUMIX”「DMC-FX700」を8月20日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

photophoto “LUMIX”「DMC-FX700」(ホワイト)

 カードサイズのコンパクトデジタルカメラながら、AVCHD形式によるフルハイビジョン動画を撮影可能なほか、背面のタッチパネル液晶を利用し、動画撮影中に液晶へふれると対象へズームする「タッチでズーム」機能のほか、動画撮影中の静止画撮影なども液晶へのタッチ操作で行える。

 動画撮影はAVCHDとMotionJPEGの2形式が用意されており、AVCHD時は1920×1080ピクセル(17/13Mbps)と1280×720ピクセル(17/13Mbps)、MotionJPEG時は1280×720ピクセル、848×480ピクセル、640×480ピクセル、320×240ピクセルを選択できる。

 シーン検出や顔検出などを複合したフルオート撮影機能「おまかせiA」は動画撮影中も利用できるため、カメラ任せで動画も静止画も簡単に撮影できる。任意選択するシーンモードでは、画像重ね合わせによって手ブレ/ノイズ低減を行う「手持ち夜景」が新たに追加された。

 撮像素子は新開発の1/2.33型 有効1410万画素MOSセンサーで、センサーの特長を生かした最高60コマ/秒の高速連写(メカシャッター利用時は最高10コマ/秒)が可能。おまかせiA使用時には、「おまかせ連写」によって2〜10コマ/秒の間で、カメラが最適な連写速度も設定してくれる。

 レンズは35ミリ換算24から120ミリの光学5倍ズームレンズで、ワイド端での開放F値はF2.2。超解像技術を用いてズーム域を拡大するiAズームも用意されており、おまかせiA時には最大6.5倍の望遠撮影が行える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.