ニュース
» 2010年08月03日 17時47分 UPDATE

カシオ、「超解像ズーム」「超解像高画質」備えたEXILIM

カシオ計算機はコンパクトデジカメ“EXILIM”の新製品として「EX-S200」「EX-Z800」「EX-Z2300」を発売する。いずれも「超解像」によって画質劣化を抑えた高倍率ズームや画質向上が図られている。

[ITmedia]

 カシオ計算機は8月3日、コンパクトデジタルカメラ“EXILIM”の新製品として「EX-S200」「EX-Z800」「EX-Z2300」を8月27日より順次販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はEX-S200とEX-Z2300が3万円前後、EX-Z800が2万5000円前後。

 新製品はいずれも「超解像」技術が導入されており、ズーム端から約1.5倍までを画質劣化を抑えてズームできる「超解像ズーム」と、画像の輪郭部や模様などにそれぞれ最適な処理を施すことで高い質感と解像感を持つ写真を撮影できる「超解像高画質」を利用できる。

photophoto
photophoto 「EX-S200」のカラーはシルバー、ピンク、オレンジ、ブルーの4色が用意される

 3モデルともに撮像素子は1/2.3型 有効1410万画素CCDで、レンズはEX-S200/Z800が35ミリ換算27〜108ミリ相当の光学4倍ズーム、EX-Z2300が約26〜130ミリ相当の光学5倍ズームレンズ。超解像ズーム利用時には、EX-S200/Z800が6倍、EX-Z2300が7.5倍のズーム倍率となる。

 EX-S200は最薄部14.9ミリの薄型カードボディのスタンダードモデル、EX-Z800は自分撮りに適した撮影モードやネイル撮影モードなどを備えた女性向けモデル、EX-Z2300は光学5倍ズームレンズに3型/46万画素液晶、約580枚の電池寿命とコンパクトデジカメへ求められる性能をバランスよく備えたモデルとなっている。

photophotophoto
photophoto 「EX-Z800」はスパークリングシルバー、ピーチピンク、チェリーピンク、レモンイエロー、ハワイアンブルーの5色
photophotophoto
photophoto 「EX-Z2300」のカラーはゴールド、ブラック、ピンク、パープル、ブルーの5色

 全機種、撮影機能としてはシーン認識のほか被写体の動き、位置、三脚の有無などをカメラが自動的に判断し、AE/AFはもちろんフォーカスの位置や階調表現、カラーバランスなどを最適化する「プレミアムオート」を備える。

 画像合成機能「ダイナミックフォト」も用意されており、プリセットされた動くキャラクターは「自転車に乗る犬」や「逆立ちする猿」など26種類にも及ぶ。また、被写体を絵画(油絵/クレヨン画/淡い水彩画)タッチで撮れる「アートショット」などユニークな機能も搭載した。アートショットは同様の処理を撮影後のファイルへ施すこともできる。

 3モデルともに最高1280×720ピクセル/30fpsのハイビジョン動画の撮影にも対応するが、EX-S200/Z800は1280×720ピクセル撮影時のフレームレートは20fpsとなる。連写機能はすべて共通となっており、高速連写時で最高約10コマ/秒(1280×960ピクセル)、最大20枚までとなっている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう