ニュース
» 2010年08月11日 10時30分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(2010年8月2日〜8日):NEX-5首位奪取、Photokinaでは何が飛び出すか勝手に予想 (1/2)

一眼クラスではNEX-5がついに首位奪取。しかし、来月には大型展示会「Photokina」が控えている。各社からどんな新製品が飛び出すか。

[ITmedia]
photo 単焦点レンズ「E16mm F2.8」を装着した「NEX-5」

 GfK Japan調べによる、デジタルカメラの販売ランキングをまとめた。デジタル一眼のクラスではついにソニー「NEX-5」(ダブルレンズキット)が首位に。Amazon.co.jpでの販売価格は8万4600円(8月11日現在)とレンズ2本をセットしたいわゆるダブルレンズキットとしては比較的高価な部類にはいるが、ライバルの「EOS Kiss X4」「D5000」を抑えての1位となった。

 そのほかの顔ぶれに大きな変化はないが、来月にはドイツで映像機器の世界有数規模の展示会「Photokina」が開催される。2年に一度開催されるこの展示会では、冬商戦をにらんだ新製品が多数展示されるのが通例になっており、過去にはオリンパス「E-400」(E-410のヨーロッパ仕様)やシグマ「DP1」、パナソニック「LUMIX DMC-G1」、キヤノン「EOS 5D Mark II」などが会場でお披露目されている。

 今年登場が期待されるのは、発表から2年が経過したニコン「D90」の後継や、CP+で「2010年中に中級/メインストリームのクラスへ新製品を投入する」と明言された新型α(→「いつでもどこでも一眼高画質」、ソニーが語るネオ一眼)などだろうか。E-620やE-3以降新製品が発表されていないオリンパス製フォーサーズ機の動向も気になる。

 発表されれば最大のトピックになりそうなのが、ニコンのミラーレス機だろう。同社の木村真琴社長が7月にブルームバーグの取材に対して、はやければ今期中に新コンセプトのデジタル一眼を投入するとコメントしており、お披露目のタイミングとしてPhotokinaは最適といえる。その新コンセプト機がミラーレスであるかは不明だが、デジタル一眼の動画対応強化や小型化は各社の課題であり、その解決の1つとしてミラーレスという選択がなされても不思議ではない。

 Photokinaでは中〜上級クラスの製品が披露されることが多く、そうした製品が本ランキングへ影響を及ぼすこととはさほどないのだが、D90のロングヒットという例もある。各社新製品を期待して待ちたいところだ。

デジタル一眼販売ランキング TOP10

2010年8月2日〜8日
順位前回順位メーカー製品名
1位3ソニーNEX-5D(ダブルレンズキット)
2位1キヤノンEOS KISS X4 Wズームキット
3位2ニコンD5000 Wズームキット
4位4キヤノンEOS KISS X3 Wズームキット
5位9ニコンD90 AF-S DX18-105G VRレンズキット
6位5ソニーNEX-3D(ダブルレンズキット)
7位7オリンパスE-PL1 ダブルズームキット
8位11キヤノンEOS KISS X4 EF-S18-135 IS
9位8ニコンD90 AF-S DX18-200G VR2レンズキット
10位11オリンパスE-PL1 レンズキット

※表内の製品名から購入サイトへアクセスできます。
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

関連キーワード

新製品 | α NEX | PHOTOKINA | GfK


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.