ニュース
» 2010年08月19日 13時00分 UPDATE

こだわりはさらに進化、ハイビジョン動画にも対応した「PowerShot S95」

F2.0の明るいレンズとマニュアル派にうれしい仕掛けの数々を備えたPowerShot S90が「PowerShot S95」へと進化。画質やAF、手ブレ補正などさまざまな強化が行われ、ハイビジョン動画にも対応した。

[ITmedia]

 キヤノンは8月19日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot S95」を8月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万円前後。昨年8月に発表された「PowerShot S90」(レビュー)の後継製品で、その基本は継承しながらハイビジョン動画撮影機能を新たに備えたほか、画質や手ブレ補正などをさらに強化した。

photophoto 「PowerShot S95」

 1/1.7型 有効1000万画素CCDの高感度センサーと画像処理エンジン「DiGiC 4」を組み合わせたノイズ低減/ダイナミックレンジ拡大システム「HS SYSTEM」は引き続き搭載するが、ノイズリダクションのアルゴリズムを見直すことで高感度撮影時の解像感を向上させている。

 レンズも引き続き35ミリ換算28〜105ミリ F2.0-8.0の光学3.8倍ズームレンズを搭載するが、本体内部に加速度センサーを備えることでカメラが被写体に対して水平に移動することで発生する「シフトブレ」に対処しており、特にマクロ撮影時に効果を発揮する。最大シャッタースピード4段部の光学式手ブレ補正機構も引き続き備えている。

 撮影機能としては新たに動体撮影に効果の高い「キャッチAF」や、ISOオート撮影時に上がり具合を任意設定する「ISOオート設定」などのほか、暗部/ダイナミックレンジを個別に設定することで明暗差のある後継も意図通りに撮影することも可能だ。RAW撮影モード、ISO12800まで任意設定可能なローライトモードも用意する。また、最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影機能も搭載。音声はサンプリングレート48kHzのステレオ収録だ。

photophotophoto 「キャッチAF」では被写体を指定すると画角を変えても被写体を追尾し、フォーカス枠も被写体の大きさに合わせて変化する

 鏡胴の付け根部分の操作インタフェース「コントローラリング」からは、アスペクト比、ダイナミックレンジ、暗部補正の操作が新たに可能となったほか、背面のコントローラーホイールも形状や切り替えピッチの幅などを見直すことによって、より快適な操作が行える。アスペクト比は4:3、16:9、4:5、1:1の設定が可能だ。

 ポップアップ式フラッシュを始めとした基本的なボディデザインもPowerShot S90を継承するが、両吊りストラップが装着可能となり、厚みもわずかながら削減され、より軽快さを増した。背面液晶は3型(約46万画素)の「クリアライブ液晶G」で、クリアライブ液晶Gならでは特徴として強化ガラスが利用されている。本体サイズは99.8(幅)×58.4(高さ)×29.5(奥行き)ミリ、約193グラム(バッテリー、メモリーカード含む)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.