ニュース
» 2010年08月26日 19時16分 UPDATE

キヤノン、全周180度から対角線180度までの画角をカバーするズーム魚眼レンズ

キヤノンより、「世界で初めて」全周180度から対角線180度までの画角をカバーするズーム魚眼レンズ「EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM」が登場する。

[ITmedia]
photo 「EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM」

 キヤノンは8月26日、EFマウントレンズの新製品として「EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM」を2011年1月に販売開始すると発表した。価格は15万7500円。

 世界で初めて(同社)全周180度から対角線180度までの画角をカバーする(35ミリフルサイズ時)魚眼ズームレンズ。APS-C/Hサイズのカメラに装着した際には対角線魚眼の撮影が可能となる。

 AFモードのままマニュアルフォーカスが可能なフルタイムマニュアルフォーカス機構を搭載しており、AFでピントを合わせた後にフォーカスモードを切り替えることなく、ピントの微調整が行える。

 レンズ構成はUDレンズ1枚と非球面レンズ1枚を含めた11群14枚で、絞り羽根枚数は7枚(円形絞り)。最短撮影距離は0.15メートル、最大撮影倍率は0.39倍(望遠側)。サイズは78.5(最大径)×83(全長)ミリ、約540グラム。

関連キーワード

魚眼レンズ | 新製品 | キヤノン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう