ニュース
» 2010年09月09日 16時01分 UPDATE

ペンタックス、コストパフォーマンスに優れた単焦点レンズ「smc PENTAX-DA 35mm F2.4AL」

ペンタックスがK-7やK-x、K-rに装着すると53.5ミリ換算の画角が得られる単焦点レンズ「smc PENTAX-DA 35mm F2.4AL」を発売する。実売2万5000円前後とコストパフォーマンスにも優れる。

[ITmedia]
photo

 ペンタックスは9月9日、デジタル一眼レフ専用交換レンズ「smc PENTAX-DA 35mm F2.4AL」を11月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万5000円前後。

 「K-7」や「K-r」などAPS-Cサイズの撮像素子を搭載する同社デジタル一眼レフに装着すると、35ミリ換算53.5ミリ相当の画角となる単焦点レンズ。ハイブリッド非球面レンズを採用することで緒収差の補正が行われており、シャープな画質と解放時でも周辺まで良好に描写する描写力を手にしている。また、ゴーストレスコートを施すことで逆光下などでも透明感の高い画像を得ることができる。

 レンズ構成は5群6枚で、最短撮影距離は0.3メートル。最大撮影倍率は0.17倍。フィルター径は49ミリ。サイズは63(最大径)×45(長さ)、約124ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう