ニュース
» 2010年09月21日 11時28分 UPDATE

新ファインダーシステム搭載の高級コンパクトデジカメ「FinePix X100」

富士フイルムは光学式と電子式のメリットを融合させた新ファインダー「ハイブリッドビューファインダー」を搭載した高級コンパクトデジカメ「FinePix X100」を2011年春に販売開始する。

[ITmedia]

 富士フイルムは9月21日、光学式ビューファインダーと電子式ビューファインダーのメリットを融合させた新ファインダー「ハイブリッドビューファインダー」を搭載した高級コンパクトデジカメ「FinePix X100」を2011年春に販売開始する予定であると発表した。

photo 「FinePix X100」

 「ハイブリッドビューファインダー」はレンジファインダータイプのカメラでいう「採光式ブライトフレームファインダー」の採光窓と、撮影範囲を示す「ブライトフレーム」を144万画素の液晶パネルに置き換える。この液晶パネルに撮影情報や設定を表示し、かつ、ファインダーからの光学像(レンズから得られる視界)をプリズムによって重ね合わせことで、対象を光学式でとらえつつ、電子式のように各種情報をファインダー内に表示させることが可能となっている。EVFのみでの利用も可能で、EVFモード時には撮像素子の映像を確認できるためマクロ撮影時のピント確認などに適している。

photo 「ハイブリッドビューファインダー」の構造(出展=富士フイルム)

 レンズは新開発の固定焦点23ミリ(35ミリ換算35ミリ)/F2.0フジノンレンズ。撮像素子には有効1230万画素APS-CサイズCMOSセンサーを搭載している。このセンサーは周辺部においても十分な光量を確保し集光効率を向上させるため、マイクロレンズの配置を最適化するカスタマイズが行われている。画像処理エンジンには「EXRプロセッサー」を組み合わせる。

photo

 EXRプロセッサーは、スーパーCCDハニカムEXR搭載機で実現した「高感度・低ノイズ」「ワイドダイナミックレンジ」「高解像度」をより進化させ、同社最高の画質を実現したという。

 外装はフィルムカメラを連想させる非常にクラシカルなデザインで、軍艦部と底面にはマグネシウム合金を採用することで剛性を確保した。シャッタースピードと絞り補正については天面の大型ダイヤルで確認できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.