ニュース
» 2010年10月12日 18時12分 UPDATE

AマウントレンズでAF可能、ソニー「NEX」の新ファーム提供開始

ソニーはデジタルカメラ「NEX」シリーズ用の新ファームウェアを14日より提供する。マウントアダプター「LA-EA1」利用時のAF駆動、背面ソフトキーのカスタマイズなどが行えるようになる。

[ITmedia]

 ソニーはデジタルカメラ「NEX」シリーズ用の新ファームウェアを10月14日13時より提供開始する。マウントアダプター「LA-EA1」利用時のAマウントレンズAF駆動、背面ソフトキーのカスタマイズ機能、動画撮影時の絞り調整などが行えるようになる。

photophoto 「NEX-3」「NEX-5」

 Aマウントレンズについては、LA-EA1のファームウェアアップデートも同時に必要となるが、すべてのSSM/SAM搭載レンズにてAFが利用可能となる。ただし、コントラストAFを前提として開発されたEマウントレンズに比べるとAF速度は遅くなるため、「動く被写体の撮影などには不向きだという。

 カスタマイズ機能については、撮影モードP/A/S/M時に、センターボタン(ソフトキーC)に3つまで、センターボタン左下の下ボタン(ソフトキーB)には1つの機能を割り当てることが可能となる。そのほか、カーソル位置記憶やメニュー階層をまたぐカーソルキー回り込みなどが行える。

 そのほか、絞り値を固定したままの動画撮影やMFアシスト使用時の拡大位置記録なども新ファームウェアを適用することで可能となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう