ニュース
» 2010年12月02日 19時16分 UPDATE

AF高速化など「α900」ファームウェアアップデート

ソニーは、デジタル一眼レフカメラ「α900」のファームウェアアップデータを提供開始した。適用することで、AFの動作速度向上が図られるほか、露出補正の範囲が±3から±5に拡大される。

[ITmedia]
photo 「α900」

 ソニーは12月2日、デジタル一眼レフカメラ「α900」のファームウェアアップデータを提供開始した。

 本ファームウェア(Ver.2.00)を適用することで、AFの動作速度向上が図られるほか、露出補正の範囲が±3から±5に拡大される。また、ブラケット撮影に「3段/3段」(3段ずつずらしての3枚撮影)が追加され、レンズなし状態でもシャッターを切れるように変更が行われる。

 α900は2008年9月に発表された35ミリフルサイズ機。有効画素数約2460万画素のフルサイズ(35.9×24ミリ)CMOSセンサー“Exmor”を搭載しており、画像処理エンジン「BIONZ」をデュアル構成とすることで、処理の高速化も図っている。

ソニーストア

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう