ニュース
» 2011年01月06日 16時14分 UPDATE

2011 International CES:JVC、CESで3D対応ビデオカメラを初披露

JVCケンウッドグループが「2011 International CES」の展示概要を発表した。

[ITmedia]

 JVCケンウッドグループは、米ラスベガスで1月6日(現地時間)に開幕する世界最大のエレクトロニクス・ショー「2011 International CES」の展示概要を発表した。今年は“JVC”と“KENWOOD”の2ブランドそれぞれで展示ブースを構える。

ts_jvc01.jpgts_jvc02.jpg 今年は“JVC”と“KENWOOD”で個別にブースを構える。JVCブースは、LVCC(ラスベガスコンベンションセンター)セントラルホールの♯8226、ケンウッドブースはノースホールの♯1801

 3Dをテーマに掲げるJVCブースでは、業務用の3Dプロセッサー(2D-3D変換機)や偏光方式3Dディスプレイにくわえ、民生用3D対応フロントプロジェクター「DLA-X9/X7/X3」や昨年末に国内発表した“RYOMAX”「RY-MA1」(参考展示)などを出品する。また、初公開となる民生用3Dビデオカメラも展示する予定だ。

 このほか、“新提案カメラ”として、昨年12月に技術発表した新開発の映像プロセッサーを使用する4K2Kカムコーダー、および高速連写対応カメラなどを参考展示するという。

 一方のケンウッドブースは、カーナビゲーションシステムやカーオーディオがメイン。インターネットラジオPandora、HD Radio対応レシーバーや“PERFORMANCE SERIES”のスピーカーラインアップを展示する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう