ニュース
» 2011年01月13日 11時49分 UPDATE

F1.2 GTレンズで暗いシーンも美しい、3D変換機能も搭載の“Everio”新製品

ビクターがデジタルビデオカメラ“Everio”の新製品「GZ-HM990」「GZ-HM890」「GZ-HM880」を発売。広角29.5ミリ、F1.2からの明るいレンズを備え、GZ-HM990は映像を3D変換する機能も備えた。

[ITmedia]

 日本ビクターは1月13日、デジタルビデオカメラ“Everio”の新製品として「GZ-HM990」「GZ-HM890」「GZ-HM880」を2月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2D/3D変換機能を備えたGZ-HM990が13万円前後、内蔵メモリ64GバイトのGZ-HM890が11万円前後、32GバイトメモリのGZ-HM880が10万円前後。

photophoto 「GZ-HM990」(写真=左)、「GZ-HM890」(写真=右)

 新製品はいずれも鏡胴に液晶を組み合わせたようなシンプルな造形ながら、液晶背面にHM990は偏向ミラー、HM890/HM880はグラデーションミラーと、金属感を前面に押し出す仕上げが施されており、手にした際の高い満足感を実現している。

 スペック面では、F1.2からという明るい「GT」レンズに裏面照射型センサー組み合わせによって暗いシーンでもノイズの少ない映像を撮影できるほか、35ミリ換算29.5ミリからという広角側に強いレンズ(ズームは動画撮影時35ミリ換算29.5〜448ミリ、静止画撮影時29.7〜297ミリ)を搭載しており、光量が確保しにくい室内や風景の撮影にも力を発揮する。

 撮像素子は1/2.3型 総画素1062万画素の裏面照射型CMOSセンサーで、記録形式はAVCHD。GZ-HM990のみ撮影した映像を3D映像に変換する2D-3D変換コンバータを搭載しており、変換して作り出した3D映像はHDMIより出力して3Dテレビで楽しめる、また、ビデオカメラ本体にも視差バリア方式の3D液晶を搭載しており、撮影してすぐに3D効果を確認することもできる。

 撮影機能としては顔認識機能の応用で“笑顔度”をパーセンテージ表示する「スマイルメーター」、笑顔度に応じて動く4種類のエフェクトを組み合わせたアニメーション撮影、タッチパネル液晶を利用して触れた先の顔のアップを同時記録する「ズームインピクチャー」などを搭載する。

 そのほか、BluetoothによるAndroid OS(2.1以上対応)搭載スマートフォンとの連係機能も搭載する。スマートフォンへの画像転送、GPS位置情報記録のほか、撮影時に位置情報を自動記録し、再生時にスマートフォンのGoogleマップ上に撮影位置と連動した任意の動画を転送して表示する「動画切り出し転送機能」を搭載している。また、Bluetoothヘッドセットとの接続も可能だ。

 サイズは54(幅)×62(高さ)×121(奥行き)ミリ、約370グラム(GZ-HM90)、約350グラム(GZ-HM890/HM880)。

 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.