ニュース
» 2011年01月13日 14時42分 UPDATE

新開発の1610万画素CCD、カラー豊富な小型ボディのサイバーショット「W」

ソニーはサイバーショットのスタンダード機種新モデルを発表。上位のDSC-W570は新開発の1610万画素CCDや広角25ミリからの5倍ズームレンズ搭載し、キラキラの“ジュエリー”モデルも用意する。

[ITmedia]

 ソニーは1月13日、“サイバーショット”スタンダードモデル「DSC-W570」「DSC-W570D」「DSC-W530」を発表、2010年2月10日に発売する。価格はオープン、想定実売価格はDSC-W570が2万3000円前後、DSC-W570Dが2万5000円前後、DSC-W530が1万5000円前後と予想される。

photophoto サイバーショット「DSC-W570」(左)、同「DSC-W570D」(右)

 DSC-W570/DSC-W570Dは、撮像素子に有効1610万画素の新開発1/2.3型Super HAD CCD、広角25ミリからの光学5倍ズームに対応する薄型・高性能のズームレンズ「カールツァイス バリオ・テッサー」(35mmフィルム換算:25−125mm)を小型ボディに搭載する、CCDセンサー搭載型の上位モデル。画像処理エンジン「BIONZ」も備え、720p(1280×720ドット/30fps・MP4形式)のハイビジョン動画撮影も行える。

 このほか、手ブレを低減する光学式ブレ補正+ISO3200の高感度撮影機能、パノラマ写真を容易に撮影できるスイングパノラマ機能、手軽に扱える「おまかせオート」機能なども搭載する。背面液晶は約23万画素の2.7型、おまかせオート/かんたん撮影/プログラムオート/高感度/夜景/夜景&人物/ソフトスナップ/美肌/風景/ビーチ/スノー/打ち上げ花火/水中/料理/ペット/スイングパノラマ/水中スイングパノラマといった豊富な撮影モードも用意する。

 DSC-W570はシルバー、ブラック、ピンク、ゴールド、バイオレットの5色展開。DSC-W570Dはボディにデザインパターンやラインストーン装飾を施したジュエリー装飾モデルで、シルバー、ピンクの2色を用意する(機能はDSC-W570と同一)。

 本体サイズは91(幅)×51.5(高さ)×19.1(厚さ)ミリ、重量は約116グラム(バッテリー、メモリースティックDuo込み DSC-W570)。記録媒体はメモリースティックDuo(PRO・PRO-HG対応)かSDメモリーカード(SDXC対応)を利用できる。

photo サイバーショット「DSC-W530」

 DSC-W530は有効1410万画素の1/2.3型Super HAD CCD、広角26ミリからの光学4倍ズームに対応する「カールツァイス バリオ・テッサー」(35mmフィルム換算:26−105mm)、画像処理エンジン「BIONZ」を搭載。720p(1280×720ドット/30fps・MP4形式)のハイビジョン動画撮影機能、光学式手ブレ補正+高感度ISO3200の手ブレ低減機能、スイングパノラマ機能、カメラまかせで容易に撮影できるおまかせオート撮影機能などを備える。

 本体サイズは92.9(幅)×52.4(高さ)×19/3(厚さ)ミリ、重量は約113グラム(バッテリー、メモリースティックDuo込み DSC-W570)。記録媒体はメモリースティックDuo(PRO・PRO-HG対応)、SDメモリーカード(SDXC対応)の2種類。カラーバリエーションはシルバー、ブラック、ピンク、レッド、バイオレットの5色。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.