ニュース
» 2011年01月13日 16時15分 UPDATE

有機ELタッチパネルを搭載したサイバーショット「DSC-TX100V」

ソニーの薄型デジカメ、サイバーショットTシリーズの最新モデル「DSC-TX100V」は、3.5型ワイドの有機ELタッチパネルを搭載し、撮像素子も1620万画素のExmor Rに強化されるなど、さらなる進化を遂げている。

[園部修,ITmedia]

 ソニーの屈曲光学系レンズを搭載した薄型デジカメに、新モデルサイバーショット「DSC-TX100V」が追加された。2011 International CESで北米向けに発表されたものと同じもので、3月4日から販売を開始する。価格はオープンだが、実売予想価格は4万5000円前後になる。ボディカラーはレッドとブラックの2色だが、ソニーストア限定でシルバーも用意する。

PhotoPhoto 3.5型ワイドの有機ELタッチパネルディスプレイを搭載したサイバーショット「DSC-TX100V」。ボディカラーはレッドとブラック

 DSC-TX100Vは、厚さ17.8ミリのボディにスライド式のレンズシャッターを搭載したコンパクトなモデル。背面ディスプレイに、サイバーショットでは初となる3.5型ワイド有機ELのタッチパネルディスプレイを採用し、写真を鮮やかに写し出す。外光反射をおさえる「TruBlack」技術により、屋外での撮影時にもコントラストの高い、深い黒色が再現可能だ。タッチパネルは静電容量式だ。

 撮像素子は有効1620万画素の裏面照射型「Exmor R」で、センサーサイズは1/2.3インチ。画像処理エンジンには「BIONZ」を搭載する。レンズはカールツァイス「バリオ・テッサー」で、光学4倍ズームが利用可能。画角は35ミリ換算で25ミリ〜100ミリ。

Photo インターネット直販「ソニーストア」と直営店「ソニーストア 銀座・名古屋・大阪」では、限定モデルのシルバーも販売する。

 動画撮影機能はフルハイビジョン(1920×1080ピクセル)のプログレッシブ(60p)をサポート。動画再生時に、特定のシーンを静止画として切り出す機能も用意する。動画撮影モードは、AVCHDが1920×1080ピクセル/60p/28Mbps、1920×1080ピクセル/60i/24Mbps、1920×1080ピクセル/60i/17Mbps、1440×1080ピクセル/60i/9Mbpsに対応。MP4形式でも1440×1080ピクセル/30p/12Mbps、1280×720ピクセル/30p/6Mbps、640×480ピクセル/30p/3Mbpsが選べる。

 プレミアムおまかせオートやスイングパノラマ、3D静止画、3Dスイングパノラマ、スイングマルチアングル、背景ぼかしモード、カメラ内ガイド、TransferJetなど、裏面照射型CMOSセンサー搭載サイバーショットシリーズに共通の機能もサポートする。

news056.jpg

→ソニーストアで「DSC-TX100V」をチェックするicon
有効1620万画素の「高感度」CMOSセンサー、プレミアムおまかせオートなど、新次元の高画質性能を搭載。4万4800円(税込/予定)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう