ニュース
» 2011年01月25日 20時02分 UPDATE

光学24倍ズームレンズ搭載、広角24ミリの「FinePix S3200」

富士フイルムは一眼レフライクなボディに、35ミリ換算24〜576ミリ相当の24倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラ「FinePix S3200」を発売する。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月25日、デジタルカメラ「FinePix S3200」を2月11日より販売開始すると発表した。価格はオープン。

photophoto

 一眼レフライクなボディには、35ミリ換算24〜576ミリ相当となる光学24倍フジノンズームレンズを搭載する。スーパーマクロ機能を利用すれば2センチまで接近してのマクロ撮影も可能となっており、超近接から超望遠まで幅広いフィールドで利用できる。撮像素子には1/2.3型 有効1400万画素CCDを組み合わせる。

 高倍率ズームレンズを効率良く利用する機能としては、一度ピントを固定すれば被写体を追尾しつつける「自動追尾オートフォーカス」、液晶画面に撮影範囲を示すフレームを表示する「ねらい撮りズーム」、1回のシャッター操作で等倍/1.4倍/2倍の望遠撮影を同時に行う「ズームアップ3枚撮り」などが用意されている。最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影機能も搭載する。

 背面の液晶は3型(約20万画素)。再生時には撮影した画像にマークを付けることで、大量の画像から目的の1枚を容易に探せる「電子フォトアルバム機能」などを利用できる。電源は単三形乾電池×4本。サイズは118(幅)×80.9(高さ)×99.8(奥行き)ミリ、約540グラム(電池、メモリーカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう