ニュース
» 2011年02月03日 11時57分 UPDATE

瞬間を切り“撮る”全部入り――ビクター「GC-PX1」

日本ビクターは、2時間連続撮影できる300fpsのハイスピードムービー、最高60コマ/秒といった高速連写機能を搭載した、“HDハイブリッドカメラ”「GC-PX1」を発売する。

[ITmedia]

 日本ビクターは2月3日、“HDハイブリッドカメラ”「GC-PX1」を2月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は10万円前後。

photo 「GC-PX1」
photophotophoto モードダイヤルは鏡胴側面に用意されている

 「瞬間を切り“撮る”」ことをコンセプトに掲げ、新開発された高速処理可能なプロセッサ「ファルコンブリッド」によって、300fpsのハイスピード撮影や最高60コマ/秒といった高速連写機能を実装した。

 動画撮影については300fps(640×480ピクセル、60p、音声なし)のハイスピード撮影を2時間まで連続撮影可能であり、1920×1080ピクセル/60pのフルハイビジョン動画も撮影できる。フルHD撮影時のビットレートは36Mbsp。動画のファイル形式は.MP4となっている。フルHD動画撮影中の静止画撮影(3200×1800ピクセル、576万画素)も可能となっている。

photophotophoto


photophotophoto


 撮像素子は1/2.3型 総画素1062万画素 B.S.I(裏面照射型)CMOSセンサーで、最低照度4ルクスを実現している。静止画撮影については最高60コマ/秒(5.7メガ記録時。フル画素での連写では30枚/秒)、最大144枚の連写性能を備える。

 レンズは光学10倍の「コニカミノルタHDズームレンズ」で、焦点距離は35ミリ換算38.3〜383ミリ(静止画撮影、4:3時)、48.5〜485ミリ(動画撮影時)。開放F値はF2.8〜4.5。手ブレ防止は光学式で、ワイド端での補正効果を高める「アクティブモード」も用意されている。

 ボディは上部からではL字形に見える大きな鏡胴が目を引くデザインとなっており、タッチパネルの3型ワイド液晶(23万画素)は可動式だ。32Gバイトのメモリを内蔵するほか、SDXC対応のSDメモリーカードスロットを備える。

photophotophoto タッチパネルの背面液晶は可動式

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.