ニュース
» 2011年02月04日 13時35分 UPDATE

可変フレームで撮り方自由自在――カシオ「EX-TR100」

カシオ計算機より、2つのヒンジによって液晶とカメラ部分が回転する“フリーアングル”デジカメ「EX-TR100」が登場。

[ITmedia]

 カシオ計算機は2月4日、コンパクトデジタルカメラ“EXILIM”の新製品として、「可変フレームデザイン」を採用した「EX-TR100」を4月より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万5000円前後。

photophotophoto 「EX-TR100」
photo


 年頭に行われたInternational CES 2011にて「TRYX」の名称で発表された製品。レンズ部と液晶部、レンズ部とフレーム部のそれぞれにヒンジが設けられており、レンズ部と液晶部は270度、レンズ部とフレーム部は360度回転することでさまざまなスタイルでの撮影を可能としてる。

photophotophoto


photophotophoto


 液晶は感圧式タッチパネルで、サイズは3型(46万画素)。タッチパネルを利用した「自分撮りセルフタイマー」を利用できる。被写体の動きを関知して自動的にシャッターを切る「モーションシャッター」も用意されている。

 撮像素子は1/2.3型 有効1210万画素裏面照射型CMOSセンサーで、レンズは35ミリ換算21ミリの単焦点レンズ、画像処理エンジンは高速処理可能な「EXILIM ENGINE HS」を組み合わせる。1920×1080ピクセル(30fps)のフルハイビジョン動画撮影も可能だ(映像コーデックはMPEG-4 AVC/H.264で、ファイル形式は.MOV)。

 HDRを利用した「HDRアート」(3段階効果調整付き)や360度パノラマ撮影機能、高速連写した画像を合成することで画質劣化を抑えながら最大2倍までのズーム撮影を可能とする「プレミアムズーム」(マルチフレーム超解像)などが利用できる。

photophotophoto


 記録メディアはSDメモリーカードで、バッテリーはUSB経由での充電となる内蔵式。サイズは122.8(幅)×59(高さ)×14.9(奥行き)ミリ、約157グラム(メモリカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう