ニュース
» 2011年02月07日 14時00分 UPDATE

単焦点レンズキットも用意、2色展開のエントリーEOS 「EOS Kiss X50」

キヤノン「EOS Kiss X50」はコンパクトデジタルカメラからのステップアップを考える、入門層を対象としたエントリーモデル。シリーズ初の2色展開で、単焦点レンズを組み合わせたスナップキットも用意される。

[ITmedia]

 キヤノンは2月7日、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X50」を3月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、ボディのみ、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」とのレンズキット、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」を組み合わせたダブルズームキット、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」と「EF50mmF1.8 II」を組み合わせたこだわりスナップキットが用意される。実売想定価格はボディのみが5万円前後、レンズキットが6万円前後、ダブルズームキットが9万円前後、こだわりスナップキットが7万円前後。

photophoto 「EOS Kiss X50」

 コンパクトデジタルカメラからのステップアップを考える、一眼入門層を対象としたエントリーモデル。EOSシリーズとしては初めて、ボディカラーを2種類(ブラックおよびレッド)用意したほか、明るくボケ味や光学ファインダーの明るさを体感できる明るい単焦点レンズをセットしたパッケージを用意した。

photophoto
photophoto


 一眼レフ初心者が操作に迷わないよう、撮影モードや機能について簡単な説明を液晶画面に表示する「機能ガイド」を用意したほか、「くっきり鮮やかに」「ふんわりやわらかく」「暖かくやさしく」「しっとり深みのある」「ほの暗くひっそりと」という言葉にあわせた仕上がりになるよう、ホワイトバランスやピクチャースタイル、露出などが自動補正される「表現セレクト」も利用できる。

 撮像素子はAPS-Cサイズ 約1220万画素CMOSセンサーで、ISO感度は100〜6400。最高3コマ/秒の連写が行える。最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影機能も用意されている。背面液晶は2.7型(23万画素)で、本体サイズは129.9(幅)×99.7(高さ)×77.9(奥行き)ミリ、495グラム。

photophoto
photophoto


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう