ニュース
» 2011年02月07日 14時00分 UPDATE

GPSとムービーダイジェストで旅行が楽しくなる「PowerShot SX230 HS」

小型ボディに高倍率レンズと充実の動画撮影機能を備えた「PowerShot SX」の新製品はGPSを搭載。ダイジェスト動画も自動作成してくれる。

[ITmedia]

 キヤノンは2月7日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの新製品として、「PowerShot SX230 HS」を3月3日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

 コンパクトなボディにハイビジョン撮影機能と高倍率ズームレンズを搭載した「PowerShot SX 210 IS」(レビュー)の後継製品。

photophotophoto 「PowerShot SX230 HS」 カラーはブラック、ブルー、レッドの3色

 レンズの焦点距離はPowerShot SX 210 ISと同様の手ブレ補正機能付き35ミリ換算28〜392ミリ 光学14倍ズームレンズだが、有効1210万画素の裏面照射型CMOSセンサーと画像処理エンジン「DiGiC 4」を組み合わせたノイズ低減/ダイナミックレンジ拡大システム「HS SYSTEM」を搭載することで、暗所撮影での画質向上などカメラとしての基本性能を大幅にアップさせた。

 動画撮影機能は1280×768ピクセルのハイビジョンから、1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影対応へと強化され、新たにGPSを搭載した。GPSによって撮影した写真へ位置情報を埋め込むほか、、ロガー機能を使えば、GPSはカメラ本体の電源がオフの状態でも一定間隔で位置情報の取得を行い続けることが可能なため、1日の移動ルートを付属ソフトなどを使って確認することができる。

photo 背面液晶は3型ワイド

 撮影状況にあわせた撮影モードを自動的に選択する「こだわりオート」には、主被写体が人物ではなくとも、色やコントラスト、大きさなどで対象が主被写体であると認識し、ピントと露出を合わせ続ける「主役フォーカス」機能が組み込まれており、カメラが32のシーンを識別し、最適な設定を施してくれる。

 撮影機能としては「トイカメラ風」「モノクロ」「ジオラマ風」「魚眼風」「極彩色」「オールドポスター」の各効果をモードダイヤルから適用できるほか、静止画撮影でシャッターを押す直前の4秒間を動画で記録し、さらに1日分の動画を自動的に1つのファイルにまとめることで1日分のダイジェスト動画を半自動で作成できる「ムービーダイジェスト」などが用意されている。

関連キーワード

PowerShot | 動画 | キヤノン | GPS | 裏面照射型CMOS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう