ニュース
» 2011年02月08日 19時52分 UPDATE

「EXR CMOS」に30倍ズーム、8コマ/秒の高速連写も可能「FinePix HS20EXR」

富士フイルムより、一眼レフライクなデザインのボディに、新開発の裏面照射型CMOSセンサーと24ミリからの光学30倍ズームレンズを搭載した「FinePix HS20EXR」が登場。

[ITmedia]
photo 「FinePix HS20EXR」

 富士フイルムは2月8日、デジタルカメラ「FinePix HS20EXR」を3月5日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万円前後。

 一眼レフライクなデザインのボディに、新開発の裏面照射型撮像素子「EXR CMOSセンサー」(1/2型 有効1600万画素)と35ミリ換算24ミリからの光学30倍ズームレンズを搭載したモデル。

 搭載するレンズは35ミリ換算24〜720ミリ相当の光学30倍“フジノン”ズームレンズで、開放F値はF2.8-F5.6。ズームはリングによる手動操作となっており、任意の倍率に素早く合わせることができる。

 EXR CMOSセンサーは裏面照射型を採用することで高感度/低ノイズとしたほか、撮影シーンに応じてノイズ量を最大1/8に低減する「高感度低ノイズ」、最大1600%にダイナミックレンジを拡大する「ダイナミックレンジ優先」、フル画素を利用する「高解像度優先」の撮像方式を切り替える「EXR技術」によってさまざまなシーンでの画質を向上させている。

photophotophoto レンズは35ミリ換算24〜720ミリ相当の光学30倍“フジノン”ズームレンズ(写真=左、中)、背面液晶は可動式(写真=右)

 画像処理エンジンは1チップ2CPU構成の「EXRプロセッサー」を搭載。フルオート撮影機能としては、情景/人物の有無/逆光をカメラが自動的に判断してシーン特定を行い、なおかつ、EXR CMOSセンサーの撮像方式を自動で切り替え、最大49の画質設定からカメラが最適なものを自動設定する「プレミアム EXR AUTO」を採用する。

 高速処理エンジンと高速読み出し可能なCMOSセンサーの特性を利用し、1600万画素のフル画素撮影時でも最大8コマ/秒、800万画素記録時ならば11コマ/秒の高速連写が行える。動画撮影については1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影が可能で、裏面照射型CMOSセンサーの高感度性能を利用することで既存製品比で約40%の明るさアップを果たした。

 背面液晶は上下方向に稼働するマルチアングル液晶で、サイズは3型(約46万画素)。EVFは0.2型(約20万画素)でアイセンサーも装備している。電源には単三形アルカリ乾電池4本を利用する(ニッケル水素充電池、リチウム乾電池対応)。本体サイズは130.6(幅)×90.7(高さ)×126(奥行き)ミリ、約730グラム(付属乾電池、メモリーカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう