ニュース
» 2011年02月08日 22時08分 UPDATE

28ミリからの18倍ズームコンパクト オリンパス「SZ-10」

オリンパスより、35ミリ換算28〜504ミリ相当の光学18倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジカメ「SZ-10」が登場。マジックフィルターは全8種類から選択できる。

[ITmedia]

 オリンパスは2月8日、コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SZ-10」を2011年春より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万7000円前後。

 35ミリ換算28〜504ミリ相当の光学18倍ズームレンズを搭載し、運動会やスポーツ観戦など遠方の被写体も大きく写せるズームモデル。手ブレ補正機構としてはCCDシフト式とISO1600の高感度撮影を組み合わせて抑制する「DUAL IS」機構を搭載した。

photophoto
photophoto 「SZ-10」

 撮像素子は1/2.3型 有効1400万画素CCD。「ポップ」「ピンホール」「フィッシュアイ」「スケッチ」「ウェディング」「ロック」「水彩」「クリスタル」と全8種類の効果を手軽に得られる「マジックフィルター」を利用できる。3Dテレビなどで鑑賞できる3D静止画を撮影する機能も搭載する。

 そのほかの撮影機能としては、シーン識別機能「おまかせ♪iAUTO」や犬猫の顔を自動で検出してピントを合わせる「ペットモード」、ペットが正面を向いたときに自動的にシャッターを切る「オートシャッター」などを用意している。最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影も備える。

 PCにUSB接続しての充電が可能となっており、メモリカードはSD/SDHC/SDXC/Eye-Fiに対応する。背面液晶は3型(46万画素)で、本体サイズは105.9(幅)×67.3(高さ)×37.9(奥行き)ミリ、215グラム(バッテリー、メモリカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう