ニュース
» 2011年02月09日 15時25分 UPDATE

CP+2011:新α中級機は新型「“Exmor”APS HD CMOS」搭載、ソニーブース

CP+のソニーブースはNEX、α、サイバーショット、ハンディカムなどフルラインアップ構成。Eマウントの仕様公開をうけたサードパーティ製レンズ/マウントアダプターの紹介もあわせて行われている。

[ITmedia]

 CP+のソニーブースはNEX、α、サイバーショットとデジタルイメージング製品のフルラインアップ構成。トランスルーセントテクノロジーを採用したデジタル一眼中級機の参考展示やEマウントレンズのロードマップ、先日発表されたEマウントの仕様公開をうけたサードパーティ製レンズ/マウントアダプターの紹介も合わせて行われている。

 半透過型ミラー(トランスルーセントテクノロジー)を採用したデジタル一眼の中級機は撮像素子に“Exmor”APS HD CMOSセンサーを搭載しており、AVCHD形式のフルハイビジョン動画も撮影できる。なお、“Exmor”APS HD CMOSセンサーはα33/55のものとは異なる新型が採用される。2011年内の発売を目指しており、中級機というポジションにふさわしい標準ズームレンズ、フラッシュ、グリップも合わせて用意される予定だ。

photophotophoto 展示されたデジタル一眼の中級機。背面液晶はα33/55と異なり固定式になるようだ
photophotophoto 透明外装のバージョン。電子ダイヤルが前後に2つ用意されているのが分かる

 Eマウントレンズについてはフォトキナ公開時と同様のロードマップを公開している。カールツァイスの24ミリ単焦点レンズ、55-200ミリの望遠ズームレンズ、30ミリマクロレンズ、50ミリポートレートレンが今年に、Gレンズブランドの標準ズームレンズ、広角ズーム、中望遠レンズが来年に発売される予定となっている。

 Eマウントについては4月1日より基本仕様が公開されるが、公開に先立ち、賛同メーカーであるシグマとタムロンのレンズを装着したNEX-3/5のサンプルが展示されている。基本仕様がまだ公開されていないため、シグマ/タムロンのレンズを装着するとどのような外観になるかというイメージだというが、来場者からは質問が相次いでいた。

photophotophoto シグマおよびタムロンのレンズをNEX-5に装着したモックアップ。シグマは30mmF2.0の表記がなされており、タムロンは18-270mm F3.5-6.3のレンズが装着されているがあくまでも仕様公開前のイメージだという(写真=左、中)、カールツァイスレンズを装着したビデオカメラ「NEX-VG10」(写真=右)

 ブースの中央にはBMXライダーがトリックを披露する大型スロープが設けられており、α33/55のトランスルーセントミラーテクノロジーによる高速AFを実際に体験できるほか、好みのαレンズとカメラボディを貸し出ししてくれる貸し出しコーナー、1月に発表されたプロジェクター内蔵ハンディカム「HDR-PJ40V」のプロジェクター投影を実際に鑑賞できるコーナーなど、多種多彩な体験コーナーが用意されている。

photophotophoto ブース中央に設けられた大型スロープ(写真=左)、αレンズの貸し出しコーナー(写真=中)、プロジェクター内蔵ハンディカムの投影ブース(写真=右)
photophotophoto ソニーが全社的に力を入れる3D映像のデモ(写真=左)、サービスが開始された「α Cafe」の紹介(写真=中)、プレイステーション3を使って写真を楽しむ「プレイメモリーズ」、動画を楽しむ「フィルミー」も紹介されている(写真=右)

関連キーワード

α | ソニー | Eマウント | CP+ | ミドルクラス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.